FC2ブログ

府立高中期試験

倍率が発表されましたな。全体的には1.1倍。ま、並みの倍率だ。
けれど個々の高校では濃淡がある。これが毎年、誰にも読めないんだよねえ。
まず、途中予想では高倍率となっていた東宇治高校が1.01倍。
224人の定員に227人が志望している。3人しか落とされない・・・
誰だ?「ラッキー」って喜んだのは?倍率だけで判断してはいけないよ。
だいたい似たような、ギリギリの子ばかりが集まるから、誰もに「その3人」の可能性はある。
毎年のことだけど、こういう「広き門」があれば、当然「狭き門」となる高校が出てくる。
莵道高校は1.3倍。330人ほどのうち80人ほどが落とされる。
城陽高校も1.35倍で、90人が落される・・・これは、恐いねえ。
今年の入試って、よくわからないんだよね。
後期試験もあるせいか「振り分けはしない」と言うけれど、第2志望まで書かせている。
第2志望には「入れない」と言うのに、どうして書かせるのかな?
この二つの高校だけでも170人が落されるから、後期試験に回されるんでしょ?
後期試験までって、先が長いよ~。神経が持たないかもしれない。
受験の倍率なんて読めないから、「行きたいところ」を決めて、その力をつけるのが一番だね。
今年は大学受験も高校受験も「恐いからランクを落とした」生徒が「ひどい目」に合っている。
「絶対合格」のために阪大を受けたら数学がやたら難しくて解けなかったし、
高校から強烈に阪大を薦められても「断固京大」にした子は問題も解きやすく、
全教科に思う存分力を発揮できたから、たぶん合格するだろう。
東宇治高校が「恐いから」と城陽高校にした子は、その倍率にふるえあがってるんじゃないかな?
明日6日は府立医科大・看護科の発表。
7日はいよいよ高校中期試験で、工芸繊維大と京教大の発表。
8日は神戸大、9日が阪大、そして最後に10日が京大と大阪市立の発表。
そりゃ「もうすぐ」なんだけど、「期待」と「恐怖」が交互に襲ってきて、気が変になりそうだ。
タクト・ダイスケ・ゲンキはまだ、毎日教室に来て大学中期試験の準備をしているけれど、
心の中は「狂わんばかり」ですよ、きっと。もう、見ていられないねえ・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR