FC2ブログ

天空の城

朝8時半に福知山へ向けて出発。
福知山って天橋立へ行くときに「通過する町」だったけれど、今回は立ち寄るところがある。
「マウンテン」とか言うチョコレートとケーキが有名な店らしい。
ナビに従って店に到着すると、目の前に「福知山城」。へえ~、お城があったんだ。
道路からお城へ渡る橋がすごく急こう配な「眼鏡橋」になっていて、転がり落ちそうだ。
ちょっとした高台に天守閣が見える。入りたかったが、今回は時間の関係でパス。
「マウンテン」は小さな店で、おいしそうなケーキやチョコレートが並んでいる。
一口サイズのチョコレートが300円ほどだ。板チョコなら4枚ほど買えるが・・・
「味見」にばら売りを4個だけ買って、再び9号線を進む。
朝来と書いてアサゴと読む街へ入ると、竹田城はもうすぐだ。山のふもとの「山城の里」に到着。
向こうの方の山頂に、確かに、写真で見た石垣が見えた。でも、どうやって行くの?
通常はかなりそばまで車で行けるが、冬の間は車は通行止め。
約2キロの山道を、あの頂上まで歩くしかない。
ごめんねなのか、頑張ってねなのか、山道の入り口には竹を切った「杖」が何本も置かれている。
女房はそれを2本も持って、いざ出発。道の端には雪がたくさん残っていた。
「あと700メートル」のところに売店があり、夏はそこまで車で行けるそうだ。
残り700メートルだが、高低差が200mもある。上がるほどに雪の量が多い。
最後ははしごのような階段を上ると、一面雪の頂上に着いた。それほど広くはない。
「城」とはなっているが、1441年に初めて作られた時は「砦」のようなものだったらしい。
1600年に「廃城」となるまでには建物もあったそうだが、とても城の建物ではなかったろう。
ただ、600年そのままの石垣は立派なもので、360度下界を見下ろせる。
当時の人は天下を取ったような気分になったことだろう。
有名な雲に浮かぶ姿は10・11月の早朝にしか見られないそうだ。
地面は雪と雪解け水でドロドロだったが、太陽が暖かく、天球城を満喫できた。
そこらにたくさんいる人に「家族写真」のシャッターを散々押してもらい、楽しく下山して来た。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR