FC2ブログ

優しくなれない

予習の時には、そりゃあ無限に優しくなってるさ。
『おや?この理論は忘れてるだろうなあ。やらせる前にちょっとこれを復習させて・・・。
 この問題は?解けなくてもいいなあ・・だから後回しにして・・・
 これとこれは、まあ、解いてくれるだろう・・・』
そのまま行けば私だって「○○君、××さん、非常によろしい」と、優しく授業出来るんだけどね。
しかし実際には「基本・基礎計算問題」なのに、「われ、なめとんか!」「おどれ、なにやっとんじゃ!」
そりゃあまだまだ数字や式の扱い方があやしいもんですよ。
これで「僕は数学には自信あるから、冬期講習はいいかなあ」だって?
冗談じゃない!自信持たれたら困りますよ。まだまだ練習して整備しなくてはならない。
この程度で自信持っちゃうのが、まあ、ガキの証拠なんだけど、優しくはなれないね。
ガキに優しくしたって、何もいいことなどないですよ。今日も散々いじめてやる!
アキトなんか日曜の夜に「数学」の冬期講習申し込みを持って来た。
前日の夜だから、私が受け取っていたら「もうプリントの準備は終わってるから」と断ったかも。
女房が受け取ったので、もう、仕方ないか。アキト一家とは30年の付き合いで、
そういうことはしょっちゅうで、そういう一家だ。仕方なく数学のコピーを増やして準備した。
数学を終えたアキトは、当然のように理科・社会の講座に出席。申し込んでもいないのに・・・
「どうしますか?」横山もびっくりしている。「・・・やらせといてください・・」
30年の付き合いだからよく知っている。そういう一家なのだ。
これが教育現場の実態。とても優しくなんか、やってられないね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR