FC2ブログ

夢は・・語りにくい

「かぐや姫の物語」を発表するスタジオ・ジブリの高畑監督のインタビューが連載されている。
アニメをやっているのに「感動した・希望と夢が持てた」みたいな作品は作らないのだそうだ。
「例えばスポーツで栄誉を得た選手が“夢は叶うんです”と言っても、僕は感動しない。
 それはあなただからできたんでしょ?ほとんどの人間には出来やしないんだから。
 ほとんどの人が出来ないことを“やればできる”とは、僕には言えない」
歳を重ねて経験も重ねてしまうと、嫌だね。そういうことが心底納得できてしまう。
スポーツの世界で「やれば叶う」「練習すればチャンピオンに」というのは、
周りを見れず、距離を計れず、練習の仕方もろくに知らない選手がほとんどですよ。
そりゃ練習しなきゃ勝てないのは当たり前だ。けれど練習しても勝てないのも普通にある。
練習とも言えない「自己満足だけの練習」なら絶対に勝てない。それが現実だ。
その現実の中で「では、どうするか?」と考えなくてはならないのに、
それを考えられるスポーツ選手なんてめったにいないね。どうしたってバカが多いから。
塾の世界も同じ。最近では全く見なくなったチラシだけど、まあ、すごいね。
「一ヶ月で40点アップ」「なりたい自分になれる」「志望校が母校に」「人間性が磨ける」
「人生に勝つ」・・・本当かそれ?それが出来たらすごいね!どこで、どうやってんだ?
それが出来るなら今すぐうちの生徒全員を移籍させてもいい。私は廃業だ。
けれど・・・どうやってるの?
「ビデオ見せて、問題と解答を渡して・・・」「モデルを使ってにっこり笑った写真を取って・・」
「学生を雇って解答を持たせて、それを説明させて・・・」
それだけ?それでそういうことが実現できる?!
「バカ野郎!勉強するのかしないのか、はっきりしろい!今お前がすべきことは何なんだ!!」
毎日怒鳴り続けて、生徒を張り倒している私は何なんだ?
経験もない若い子が現実を測れないのは仕方ない。けれどだからこそ大人は、指導してやらねばならぬ。
私はその指導が、恥ずかしいくらいにうまくはない。
誰もやってくれないから仕方なく、下手なりに何とかやり続けているだけだ。
安易な夢など・・語っている暇もない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR