FC2ブログ

うふふ・・

土曜日の夜7時、ガヤガヤ・ドタドタと小・中学生が楽しそうに体育館に集まって来る。
私がすでに出しておいた6台の卓球台に皆でネットを張り、すぐに練習開始。
中学女子は宇治市のシングル・ベスト4を独占しており、団体は京都1位だ。
選手同士の練習内容を見ていてもほれぼれする。いい練習をするね。
普通、中学生がこんな内容の練習はできない。日々の練習だけで、他の中学とはますます差が開くだろう。
私は多球練習の開始。今日はマイコとカンナから。
京都のトップクラスだと試合で1秒間に3往復のラリーはざらだ。多球練習もそのピッチで球出しをする。
そうなるともう、素人には出せない速度だ。バリエーションもそのつど変える。
一人100球以上を連続で出す。選手はものすごいスピードで動き回って打つ。
今の私なら50球ほどでぶっ倒れてしまうだろうが、選手には交代で4セット以上やらせる。
選手も大変だけど、球出しも大変ですよ。腕も腰も痛くなる。すぐに汗だく・・。
100数十球の1セットが終わるとさすがに「はあ~」っと息を吐くが、平気だ。
強くなる実感があるからか、私が休んでいると「多球、お願いします」と言ってくるほど。
二人が終わると次はマヤとナツキ、その次はジュンとカリン。そこまでやると私の方もバテバテになる。
水筒のお茶を飲んで一服していると、最後に残ったサキとフユカがそわそわしている。
『次は、うちらの番や~』・・・やれやれ・・やったろかい!
二人はまだ初心者なので内容レベルは落とすが、ピッチはさほど変えない。
上級者と違いかなり息は上がるが、懸命にボールを追いかける。
セットの最後の2球はボールを高く上げて、それを強打させる。
低いボールを連続して打った後だと、結構難しいのですよ、これが。
サキもフユカもたいていミスをするが、打った後「うふふ」と笑う。
3セットを終えて最後にサキが笑うと、もう9時。練習はおしまい。あっという間の2時間だ。
皆で台をかたずけ、ボールやラケットをしまい、体育館のかぎを閉め、真っ暗な中を出口に向かう。
子供達はまだ元気で、ワイワイとおしゃべりしながら歩く。
楽しくて仕方ない・・・授業でも時々そういう授業が出来る。
最後に「うふふ」と笑える授業・・・全部そうしたいが、全部とは・・いかないねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR