FC2ブログ

見えてしまう

うちの教室では黒板に解答を書かせるから、どこで躓いているかよくわかりますよ。
勉強しているのか、していないかなんて一発ですな。
どの問題を解いていてもしょっちゅう出てくる式やグラフがある。
それを忘れていると言うのは、学校や家で1問も解いていないと言うことでしょう?
予習していて「ははあ・・・これは忘れていても仕方ないなあ」と言うものはある。
それはさりげなく例題を出しておいて思い出させたりする。
けれどそれ以前に「九九レベル」で間違われると、あったまきちゃいますねえ。
「おどれ、なにやっとんじゃ!もう、数学のない世界に住むか!!」
スポーツも数学も、一定量を継続的にやらないと伸びないものですよ。
継続するなかで「数学ではない多くのもの」を学ぶ。学びは、学ばなければ学べない。
見えるものはそれだけではない。
経験を積んでしまったので、1年後、2年後に「どうなるか」まで見えてしまう。
だから2年生や3年生だと昔よりも焦りますな。
「解き方をきちんと説明して、ハイ終わり」なんてのは私の教育観にないから焦る。
「何が、どのように、どのレベルでその子に納まってなくてはならないか。姿勢はどうか」
それらが全部見えてしまうから未来も見える。
なんとしても一定のラインを越えさせておかないと、数学の学びはその子に何もしなくなる。
見えてしまうことは、辛さでもありますよ。だから毎日生徒を怒鳴りつけています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> いつも温かいご指導ありがとーございます!!
> 真剣に考えて叱るほどエネルギーのいることはないですよね~
> 子供たちはすぐふくれて逆ギレしますが、いつか大人になったときあたしの気持ちも、そして先生の温かさも見に染みてわかると思います
>
> 豊かになりすぎて、大事なことに気づくのが遅くなって…幸せなのか不幸せなのか…
>
> まこちゃん調子良さそうですね…
> 皆様寒くなってまいりましたので、身体に気を付けて頑張ってください!
>
> どうぞ、娘をよろしくお願いします!!


ありがとうございます。
本当に子供を大人に育てるのが面倒な時代になりました。
あとどれくらい頑張れるかわかりませんが、私だけでも、もう少し続けてみますよ。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR