FC2ブログ

臨戦態勢

今日のセンター数学は07年度京大・文系と、05年度龍大・文系の問題。
落差があり過ぎる?まあね、確かにそうだけど、ミツハとミヤビの入試が近いから。
龍大・文系と言っても、難易度はセンターレベルですよ。しかも記述。
数Ⅰ・Aと数Ⅱ・Bまでの範囲であるのは京大も同じ。
ミツハとミヤビが最初に受ける数学は数Ⅰだけ。しかしずっと京大や神戸大ばかりやらせて来た。
例えばマーク式の問題集で数Ⅰばかりやらせても、全く伸びないことが経験でわかった。
特に今年の3年生は理系も文系も国立大の問題ばかりやらせて、マーク対策はゼロ。
センターや龍大の問題だと「はい、数列を使いなさい」と、使うテクニックがわかる。
けれどそれは「数学ではない」んだよねえ。
「なんだこれ?わけがわからないぞ。とりあえずここを三角比でほぐしてみるかな?
 いや・・・ベクトルで設定したほうがわかりやすいかな?」
そういうことが本当の数学。もちろん現役生はそういうことに慣れてないから、最初は悲惨だけどね。
まったく解けないけれど、私の手による解答と、詳しい解説を持たせる。
1週間かけてそれらの文献を読み、繰り返し咀嚼し、自分の手で解答を作成してみる。
本当には学ぶって、そういうことじゃないのかな。大学は基本そうだし。
特に今年は最後まで「本物の数学」を見せることにこだわりたい。
マーク対策は「一夜づけ」程度にしようと思っている。
試験範囲も無視した、そんな数学ばかりやらせてるけど、全員マーク模試も伸びてますよ。
ミツハやミヤビも入試の過去問を見て「ずいぶん易しい。皆100点では?」と言うしね。
現役生は2月末の本試験ギリギリまで伸びていくものだけど、一つのピークを今月に持って来た。
今月は最後の「個別大学模試」があるからだ。そのデータで受験大学を決める。
近くの国立大だと神戸大あたりでも「確実」だけど、問題は京大を受けるかどうかだ。
簡単に考えないで下さいよ。阪大や神戸大は「地方大会」であり、京大は「全国大会」。
全国大会で勝つと言うのはものすごく大変なことで、ほぼ全員「浪人覚悟」になる。
2年前の康太ほど突出してしまえば腹も据わるけど、我々凡人には、そんなこと出来ないしね。
とりあえずの・・・とりあえずの臨戦態勢だけは整ったと思う。
今月2回の「個別大学模試」のデータで、Bなら腹が据わり、Dならあきらめもつく。
けれどたぶん・・・Cで「ボーダーライン」になるんだろうなあ・・・
ああ・・・何とも悩ましい時期だ・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR