FC2ブログ

セブンティーン

10月最終日は真子の誕生日。無事に17歳を迎えることが出来た。
無事に・・って、子供が17歳になることは「当り前」なのに、
その当たり前が迎えられるかどうか、わからなくなるような夏だった。
その顛末は・・・まだ継続中だが、ここに書き記して来た通りだ。
私たち家族は「癌」など想像も出来なかった。おかげで真子を危険で苦しい状態にしてしまった。
自分達への戒めと、他の人の参考になればと、恐怖におびえ、おろおろする様を公表した。
しかし意外にもキノシタは「先生の一家はたくましく、強い」と言うし、
マチャミちゃんやレイコさんは「毎日読んで感動し、涙した」と言ってくださった。
いや・・・私は弱く、無知な、普通の人間だと痛感していましたよ。
摘出手術直後の痛みに泣き叫ぶ真子を見て、おろおろと身体をさすり、
「もっと、痛み止めはないのか!」と看護師に怒鳴りつけ、私も泣き叫んでいた。
前かがみになって手で傷口を押さえ、そろり・そろりとしか歩けず、
抗癌剤の苦しさにやつれていく姿を見て、娘の死の恐怖におびえるばかりでしたよ。
しかし多くの方が見つめ、祈ってくださり、支えられて来たと、あとからわかりました。
この誕生日を、すべての人に感謝したい。
真子が洗面所から飛び出してきて「めっちゃ、生えて来たわ!」
「どれどれ・・・ほんまや!」康太が真子の頭をのぞきこむ。
もう、病による表面的な痕跡は髪の毛だけだが、それも数ヶ月でわからなくなるだろう。
鏡を見るたび真子も嬉しそうで、表情にも強さと張りが出てきた。明るくなった。
毎日学校へ行ける、そんな当たり前のことに安堵し、嬉しくなる。
テレビやタブレットを見て、げらげら笑う。それもこの半年間、ほとんどなかったことだ。
1学期間何も聞けなかったのに、退院直後の中間テストはどの教科も平均点ほどだった。
さすがに真子もこの一ヶ月は何から手をつけていいのかわからないようだったが、
ようやく整理が進み、これから巻き返せそうだ。
今夜のバースデイ・ケーキは、どんなだろう?
明るく元気な誕生日になりそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

真子ちゃん 御誕生日、おめでとうございます!
先生も奥さまも康太君も こんだけ御誕生日を大切な日だと思ったことは無いかもしれません。
私たち(河原家や塾に関わらせていただいた者)にとっても 改めて 病気や命を考えるということをさせていただいた日々でした。
感謝します。

与えられた命、存分に使っていってくださいね!

こんな日に ちょうど・・・と言っては何ですが うちのブログの写真がたまたま ふさわしい人たちになりました。先生、見て!

Re: No title

ゴリママのブログは毎日見てるけど、今回は記事をよく読んでなくて、
ヒロキとリサだと気付きませんでしたよ。そうかあ、息子も3歳になったんだねえ。
まだ「ハイハイ」してるときに何度か見たんだけど。
なんだかやばいねえ、本当に「孫」がやって来るようになりますよ。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR