FC2ブログ

少し急ごう

公立高校がテスト中だから、昨日のセンター数学は京教勢だけ。
いやあ~2年間も京教の「ぬるま湯」に、よくぞ浸ってくれたもんだ。
大阪市立の看護系の問題をやった。Ⅰ・A、Ⅱ・Bまでの問題だけど、結構難しい。
問題の構造を読み解かねばならないし、解法の方向性も企画しなくてはならない。
大問4問だが、カンタローが力強く2問を仕上げた。はっきり力がついている。
すぐにサチエが解答を出して来た。今回が初めての提出だ。しかも難問の数列。
サチエみたいな「甘ったれ」が、こんな難しい問題を企画できるはずが・・・解けている・・
しかも見事に・・・・勉強もしないくせに、昔からそういうとこがあるね、こいつは。
メイミはシンプルだが企画が難しい軌跡の問題を仕上げて来た。
トモトはまだ完答まではいかないが、何やらずいぶん書けるようになっている。
こんな甘ちゃん達4人でも、ずいぶん力が整ってきたようだ。すると、先入観が消える。
「文系の問題だから簡単で、理系の問題は難しい」とか、
「京大の問題は手も足も出ず、神戸や京都工芸繊維なら解けるかも」とか・・・
まったく問題に差などない。どの大学であれ、理系・文系を問わず、良問ばかりだ。
しっかり考えて企画しなくてはならないことに変わりはない。
そういうことが、そしてそれが楽しいことが、この4人だけでなく、高3全員がわかってきた。
特にこの4人は京教らしく「わがまま」だから、「公式適応」みたいなことはやりたがらない。
「それも大切だから、やれよ」と言っても、つまらないものはまったくやらない。
しかしこういう良問だと楽しくて、耳まで赤くして没頭している。はっきり力がついた。
高1・高2もこうしてやりたい。そのためには高3の7月には全範囲を終えた方がいい。
今日の高1は私立勢だけ。三角比もいよいよ終わりだ。結構いいペースだ。
高2はタイスケ一人だけ。少しペースが遅い分、強引に対数を終えよう。
2年生達も早くⅡ・Bを終えて、国立大の文系の問題を見せたい。
まだまったく企画出来ないだろうが、3年生がわかり始めた「楽しさ」を、ほんの一端だけでも味あわせよう。
時間は、あっという間になくなってしまう。少し急がなければならない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR