FC2ブログ

気が急く時

もう11月だから、そりゃあ気になるのは中3・高3のまとめ方だ。
受験へ向けて、あれもやらせたい、これもやっておかなくてはならない・・・
なんとなく気が急いて来る。
ついこの間メイミに国語の問題集を買い与えたばかりだが、別の社からパンフレットが届く。
「冬期講習・国語発展問題集」
最近国語が気になってしょうがない。
高校生には京大理系の国語をやらせているが、中学生には決め手に欠いている。
「冬休みに全部やっとけ」って、中3全員に持たせようかなあ~・・・

京大文系の数学にはまっている。面白い。もう3年分解いた。
「こ、この問題、高1のまとめに解かせたい!高2には全部解かせたい!」
かなり気が急いて来る。

こうなると迷惑をこうむるのは中1・中2だ。
「中1は“中点の座標”と“比例のグラフ”か・・楽勝だな。
 ここをこう説明して、ちょいちょいとこの問題で練習させて・・・
 中2は“円の性質”のまとめか・・・これもちょいちょいと確認して、
 ちょいちょいとこれだけの問題をやらせて・・・・」
私の頭の中では猛スピードで授業が進んでいく。
・・・・もちろん実際の授業では、生徒は「ちょいちょい」と問題を解きはしない。
「中点は座標の平均値になる」
図も描いて詳しく説明したつもりだが、2人ほど「固まって」いる。
『ああ~、もっと例題を増やしておくんだった・・・』
座標に文字が入るだけで中1は混乱する。
そんなことはわかっているのだが、私は「ちょいちょい」と進もうとしている。
問題を整理すると、簡単な1次方程式になる。
たいていの子は式をまとめて解くが、ミヤセが訳のわからない触り方をしている。
Aの2乗が登場している。『文字の2乗は、1年では習わないって!』
私立へ行っているから、たぶん中2・中3の文字式をやっているのだろう。
しかし不慣れででたらめになっている。
「しっかりしろ~」肩をつかんでガクガクと揺さぶってやろうか?

中2は中2で、全然宿題をやってない奴が何人かいる。
数が少ないから「解説を聞けばいいや」となめてしまっているのだ。
当然「忘れてはならない理論・考え」を、きれいさっぱりと忘れてくれている。
そんなことは25年間毎年見ているから慣れているのだが、私は気が急いている。
「おどれえ~、どアホウ~、今すぐ辞めるかあ~~!?」

時々は怒鳴ることも必要だが、すぐにどうこうなるものでもない。
また繰り返して説明し、練習させるしかない。
気が急いても、ろくなことがない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR