FC2ブログ

リハビリは大変

昨日は朝から真子と一緒に高校へ行って来た。真子の通学状況を知るためだ。
7時36分の地下鉄に乗る。時間だけを考えれば太秦駅へはJRで行くのが速い。
けれど一度も座れないし、京都駅でも奈良線と嵯峨野線は端から端。
真子の体力を考えてしばらくは地下鉄にした。六地蔵始発だから必ず座れる。
通勤・通学時間に地下鉄に乗るのは初めてだが、いやあ~混むもんだねえ。
車両が狭いせいか、JRや京阪より人の密度が濃い気がする。
三条駅で皆降りるのかな?と思ったら、降りるより乗り込んでくる人の方が多い。
ごっそり降りたのは烏丸駅。ビジネス街だし、地下鉄の乗り換えもあるからかな?
私達は二条で降りてJRに乗り換える。駅には嵯峨野高校の生徒がたくさんいた。
電車が来ると生徒は後ろの車両に集まる。太秦駅の出口に近いのだ。
駅に着くと狭い階段をぞろぞろと登る。「遅刻しない最後の電車」だから、生徒の数は多い。
真子は友達を見つけ、話しながら歩いている。見た目には他の子と変わらない。
真子は1時限目から授業を受け、私達夫婦はついでだから真子の病気の経緯を学校に報告。
副校長が話を聞いてくださったが、病気の発覚、緊急手術、抗癌剤治療の地獄、死の恐怖・・・
女房はその情景を思い出し嗚咽し始めるし、副校長もハンカチを取り出し、何度も目に当てた。
その経緯を聞いていただくだけだったが、報告は済んだ。
私もなんだかぐったりと疲れてしまい、夜の授業準備をしていると、日記を書く暇がなかった。
数Ⅱは数列の「和の記号・シグマ」の取り扱いだ。
嵯峨野ではまだ数列に入っておらず、入院で等差・等比数列の私の授業も効いておらず、真子は大変。
莵道はクラスによってはほとんど同じとこまで来ているが、何もわかっていないことに変わりはない。
数式がたくさん出て来て、それを整理するのが意外に大変。昔から生徒は戸惑うところだ。
数式の整理なんざ高1の初めから練習しているのだけど、ま、初めての「実践バージョン」か。
確かに理論は深まるし、洞察力も要求されるが、それこそが本当の数学だ。
シグマという公式を「覚えること」は今までと同じだが、公式以外の「数学の部分」が増える。
そこに生徒は戸惑うんだろうな。けれど、乗り越えるしかない。
真子は学校の宿題も多く、3ヶ月分を取り戻さなくてはならないから悲鳴を上げている。
焦ってはいけない。その作業はどんなに急いでも、今年いっぱいかかる。
今日と明日は家でずっと勉強。そうやって取り戻すしかない。
莵道の女の子たちやタイスケも、「本当の数学」に馴染ませるのが大変。
去年より2ヶ月分ほど進度が遅れているので私が焦るのだが、ここは時間がかかる。
冬休みの夜に5日間ほど補講を入れよう。見てやる時間を増やすしかない。
大変な作業になるが、真子が経験した治療の苦しさに比べたら、何ほどでもない。
ここは私も、頑張るしかないようだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR