FC2ブログ

青春の謳歌

私立大学はもう授業が始まっているようだが、国立大は9月いっぱいまで夏休み。
康太は暇かと思えば、そうでもない。
8月末はテニスサークルの合宿で長野へ行き、ついでに皆でディズニー・ランドで遊んで来た。
総勢60人が貸切とはいえ夜行バスで行って帰ると言う3泊5日の合宿。
ちょうど雨の時期だったのになぜか長野は晴れていて、日焼けで皮がめくれて帰ってきた。
帰って来ると高校時代の仲間から何かと誘いがあり、しょっちゅう出かけていく。
大学の仲間は9割が他府県なのに、夏休みでもほとんど帰省しない。
どの子も三条あたりでアルバイトしているし、田舎へ帰るより面白いのだろう。
こちらからもしょっちゅう誘いがあり、そのままアパートに泊まって来ることも。
この日・月の連休は仲間二人とレンタカーを借り、淡路島まで一泊のドライブ。
行く途中で一人が「明石の海が見たい」と言いだし、「どこのインターで降りればいい?」と電話。
カーナビで調べられないのか?3人とも京大生のくせに。
淡路島は康太や真子が子供の頃に何度か行った。
オノコロとかいう遊園地で遊んだなあ。何とかの丘とかいう公園では牛の乳しぼりも体験したっけ。
お菓子工場もいくつかあって、お菓子の味見とコーヒーがタダだから、おやつ代はいらなかった。
「ガキの頃とは見える風景は違ったか?」
大学生が行って面白いとこなんかあるのかな?と思ったらたくさんあって、学生だらけだったと言う。
「めし」も楽しみで行ったのだが、どこで食べても海鮮が最高にうまかったらしい。
宿泊は朝食のみの5000円の民宿。ずいぶんと古民家だった。
風呂は普通の風呂なので、天然温泉のホテルで風呂だけ入ったようだ。
バイトでためた金で行くから「節約旅」なのだが、それは学生の特権。
これだけ遊んでも大学の単位はほぼすべてが「優」。
・・・・絵に描いたような学生生活だねえ。私の学生時代はとてもかなわない。
今朝の真子は提出書類があるらしく、いつもより30分早く出かけていった。
早く元通り元気になって、康太みたいな学生生活が送れるようになるといいな。
今朝の母の付添は「六地蔵駅まででいい」だった。もう、白血球の数値も下がることはない。
間もなく元通り、高校生活を謳歌するようになるだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR