FC2ブログ

準備の目的

第2回中3模試のデータが返ってきた。
この模試は年6回あるのだが、第1回は7月で、クラブもあるからあまり受けない。
うちの生徒も半数以上が今回が初めてだ。全体の受験者数も一気に増えている。
私は最近のこのクラスで気になることがあった。
ノートを持って来ず、テーブルにある紙にメモを取るのがはやっている。
その紙はノート代わりにあるのではない。高3が記述問題を解くためにある。
問題はそうやってメモにする心の態度だ。
小さく、必要最小限に写されたメモを、こいつらは家で読み返すのだろうか?読まないね、絶対に。
そしてデータを見ると、まあ、見事なほどに、そいつらの偏差値が悪い。
順位通りサリ・リノ・ユウイチはどこでも合格するデータだが、3人ともノートにきれいに板書する。
このクラスでの才能を言えば、この3人はこの順位にいない。もっと下だ。
違いは明らかにその方向性だ。「高校に入ってからの準備」と「入ればいいじゃん」の違い。
必要最小限の公式を覚え楽に合格する・・・高校入試ならそれも可能だろう。少し器用なら。
けれどその姿勢ではいつまでたっても「学びの楽しさ」には気付けず、
先へ進むほどに、そう器用でもいられなくなる。高校からは学びの重さが増すからだ。
この模試を5回受けることでそういうことに気づいてくれるといいが、
このままでは「紙にメモ組」の連中は高校からはうちには来なくなるだろう。
私は「生涯の学び」の姿勢でいるし、やつらは「資格が取れればいい」のだから。
ま、半分減ってくれれば助かるけどね。ひとクラス10数人は大変ですよ。
塾で「生涯の学び」なんて時代遅れなことを言ってるのは私くらいなんだし、
言ってもわからない奴は仕方がない。
これからはそういうことのわかる子、共に学べる子達とだけ学んでいこうかと思っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR