FC2ブログ

大切なことは・・・その1

今度の土曜に真子と「風立ちぬ」を見に行くが、それが出来るまでの1000日間を
NHKの「プロフェッショナル」で取り上げていた。
宮崎駿・72歳。いいねえ、この人は。言うことのすべてに納得する。
なぜメルヘンではないものを作ろうとするのか?戦争を美化するのではとまで言われても。
「もう・・・自分が作りたいからとしか・・・それしか理由がない」
宮崎自身が戦争を体験し、戦争を憎悪している。しかし「ゼロ戦」は好きだった。
『美化するだの、言い訳をするだの・・・そうじゃない』
自分の中に感覚としてはあるのだが、まだ言葉にならない・・・その気持ち、よくわかる。
絵を描きながらイメージを創り上げていく。目を閉じ、オーケストラの指揮者のように指先を振る。
「ここはこうじゃない、こうでなければならない」
せっかく描いたものを消し、また描き始める。
そのこだわり、よくわかる。時々予習の時にそうなる。だから私の予習にも時間がかかる。
「ああ面倒くさい・・・俺はもう72だぞ、時間がないんだ。なのに、何でこんなに面倒なんだ?
 仕方ないか・・・大切なことって、たいていが面倒くさいんだ・・・」
その通りだ!面倒で面倒で、そんなことやりたくもなくなるのだが、それをやらないと何もできない。
どの子であろうと「教育しよう」と思うと、八方ふさがりになることがある。
「ふふふ」と笑いながら宮崎は言う。
「神様に“正解は何ですか?どうやればいいんですか?”って聞いてみたくなるよね。
 でもきっと神様は“好きにやりなさい”って言うんだよ」
誰もやってくれない。仕方がないから下手でも、自分でやるしかない。
宮崎も私も、そういうことが骨身にしみるくらいに歳を取ってしまった。
宮崎は何も飾らず、正直な人だ。
「観客なんか来なくていい。いい作品だけを作るんだ・・・という自分と、
 誰も来なかったらどうしようと言う自分も・・・いる」
ものすごくわかる。私もまた「生徒なんか来なくていい。教えられる奴だけ来ればいい」と思うし、
「誰も来なくて、食べられないと、どうしよう」という自分もいる。
宮崎の言うこと、なすことすべてに「そうですよね」と、膝を叩いてしまう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR