FC2ブログ

正常値

昨日は宇治川の花火。
前日に琵琶湖の花火を見て来た康太は、サークルの後輩を連れて連日の花火だ。
10時頃に帰って来て、いかにも楽しげな顔をし、「琵琶湖の方が、すごいかなあ」と笑う。
琵琶湖は1万発、宇治川は7千発・・・その差があったようだ。
真子も友達に誘われて見に行った。え?癌患者なのに?いいや、真子はもう、患者ではない。
第3クールを終えて腫瘍マーカーの数字は「9」。正常値の10以下になったのだ。
この夏、初めての外出。
友達のお母さんは「かまなりや」で働いていて、まずはそこへ行って饅頭で腹ごしらえ。
シェフが直々に作る「3千円のかき氷」にびっくりする。それから花火見物。
康太が帰ってもまだ帰ってこないので「道でぶっ倒れてんのかな?」心配し始めた10時半に帰って来た。
この夏初めての「楽しいこと」なので、疲れても平気だったようだ。
さあ、後はもう1回の抗癌剤治療を済ませて復帰するばかり・・・・と思ったが、問題はあった。
私も真子も「正常値になって、それから念のためのもう1回」と聞いていたのだが、
主治医の先生の方針は「もう2回」だった。それで「私の患者に再発はない」らしい。
なるほど・・・このあと恐いのは再発だけだものね。
再発がないのならあと2回と言わず、3回でも4回でもやるけれど・・・
けれど、問題は学校の「出席日数」。
来週からの第4クールで終了ならば9月からは学校へ行けて、ギリギリセーフだ。
第5クールに入ると9月21日までの治療となり、それだとギリギリ「アウト」になる。留年だ。
何とも悩ましい・・・・が、命を優先しなければならない。
主治医も考慮してくれていて、「あと1回か2回かは、会議にかけて相談する」と言ってくれる。
真子の腹は決まっている。
「主治医に従う。あと2クールになってもいい。ギリギリ留年なら、嵯峨野高校は退学する」
大検に切り替えて、現役で京都大学へ進むつもりだ。無駄に足踏みなどしたくないのだ。
けどなあ・・・国語の授業の「1回分不足」だけなんだよねえ。それでも留年だろうか?
これは・・・事情を説明して、校長や府教委の意見も聞いて来なければなるまい。
もうすぐ元通りに元気になる。何とか同級生達と一緒に卒業させてやりたいものだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR