FC2ブログ

週末

明日ようやく夏授業の第1週が終わる。
昨日は疲労のピークだったが、「あと1日」だと気力も体力も持つ。
中1・中2は色々な意味でたくましくなった。中1は数字のさわり方が力強い。
アユやアリサはまだ理論の飲みこみこそ遅いが、なすりつけるように繰り返すと理解は進む。
まだゆっくりだが、我慢強く繰り返すとどこかで、爆発的に理解が進むようになる。
それまでは学びの姿勢、向き合い方を型作ってやらねばならない。
向き合い方の悪いノリユキをひっぱたいてやった。
「僕は僕のペースだ」と言わんばかりににらみ返すので、さらに2発ひっぱたく。
まだにらみ返すなら、さらに3発殴ってやろうとしたら、目をそらした。
その後、やつの態度を真似て授業を進めることをしたら、本人も含めて皆、
「なぜひっぱたかれたか」を納得したようだ。
生徒は親に金を出してもらい、私はその金をいただいて、教科に向かい合おうとしているのだ。
「形だけ」や「たてまえ」や「適当に」など、教師の私にも、生徒にも許されない。
叩けるのも今の内だ。これが高1なら叩かない。ただ、退学にするだけだ。
学年が一つ上なだけ、中2はたくましさが増している。
例題数を意識的に減らし、理論と構造の確認を増やす。
そうすると「形だけ真似て」が出来ないため、どうしても自分で理論を追わなければならない。
そういうことが、ずいぶん出来るようになった。学びの原型が形作られて来たと言えよう。
殴られたり、怒鳴られたり、徹底して考えさせられたり・・・
見た目にはとても楽しいとは言えないけれど・・けれど・・生徒は笑いますよ。
壮絶なほどに考える。精一杯考える。それは・・・楽しいことだから。
今まで経験したこともない夏は、確実にこの子達を大きく育てるだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR