FC2ブログ

それぞれの夏

今日の康太は3教科も試験があるが、それですべて終了。
このあとは9月いっぱい、たっぷり2ヶ月の夏休み。大学の休みは長いねえ。
ただ、今月はかなり忙しい。
夏休みなのに嵐山の方のキャンパスへ何度か行き、「エンジンを組み立てる」授業がある。
お盆週間は教室で2コマの授業があるし、焼肉屋は「バイト全員集合!」だ。
お盆と正月は格段に忙しいようで、毎日全アルバイトが呼ばれる。
「この週のために普段から雇ってんだ!」みたいな感じ。
それが終わるとテニスサークルの合宿で長野へ行く。
9月になると少し時間が取れるから「アジアのどこかへ行ってこようかな?」
バイト料もたっぷり入るし、海外を歩いてくるのもいい勉強になるだろう。
団体戦京都1位となったカンナ達黄檗学園卓球部は、いよいよ顧問が本気になった。
今まで練習時間もろくに取らないで放ったらかしだったのに、連日の練習。
7日が近畿大会で、ベスト4に入れば17日からの全国大会。
京都1位通過だから予選リーグでは他府県の1位とは当たらない。
これは・・・ベスト4に残る可能性は非常に高い。
夏授業の前半は参加できないので、お盆週間に補講を入れよう。
勉強などバランスを考えると、全国大会などあまりいい影響を与えないのだが、
だから近畿大会で負けるくらいの方がいいのだが、ま、ここはひとつ狙おう!
昨日仮退院したばかりの真子だが、晩御飯は家族4人で「クシ八」。
たまにしかいかないけど、クシ八はおいしいね。
その場で夏授業に出れない「ハンデ」など、9月以降の私の不安も説明。
帰って来ると理科の教科書を広げ、少し勉強。
抗癌剤の疲労・だるさはあるし、そのけなげな姿に涙が出そうになるが、心を鬼にする。
極めてまれな癌に遭遇したのは不幸だが、乗り切らねばならない。
「死の不安」は脱した。ならば、辛くても復帰の準備も進めねばならない。
本当なら9月いっぱいは空気のきれいなところで静養させた方がいいのだろう。
そんなことは誰でもわかる。けれど我が家のような庶民には、それは贅沢だ。
授業日数も勉強の進度も、ギリギリまで追い込まれている。耐えて、乗り切るしかない。
いいも悪いも、それぞれの夏。
どれもが数年後には「そんなこともあった」と、いい思い出になればよい。
それぞれが頑張る夏にしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR