FC2ブログ

姿勢

東進の林先生が、またテレビに出ていた。講義の相手は小学生の子を持つ母親達。
「子育てにやる気を出させる授業」がテーマだが・・・ようやるねえ・・・
事前のアンケートでは「本を読まない」「勉強しない」「ゲームばかりする」などなど。
「そういう風に育てて来たんではないですか?!それを今すぐ直せなんて、無理ですよ」
これには母親達から反論がある。
「私もパートで働いているし、外で遊ばせようにも遊ぶ場所もない。
 安全を考えれば家の中でゲームをするしかない。友達との話題もゲームのことだし・・」
ゲームをやってないと仲間の輪に入れないという。
・・・ま、昔から言うね、そういうことは。けれど「ゲームの話題の輪」に入らなくてもいいのでは?
私は子供の頃から「ずれて」いたので、周りに合わせて遊ぶことは少なかったけどね。
別にそれが苦でもなかったし・・・林先生は講義を続ける。
「昔は2世代・3世代が家にいたし、家族や地域社会で子育てして来た。それでやっとです。
 それほど大変で難しいものなんです、子育てと言うのは。
 あなた達は家で本を読みますか?何か勉強してますか?
 自分はテレビばかり見ていて子供に本を読めと言っても、誰も読みませんよ。
 核家族では子育てに出来ることは少ないのです」
これにはお母さん達、ぐうの音も出ない。
「お母さん達に出来ることはただ一つです。子供の姿勢をよくしてください。
 “姿勢の良い不良”なんていますか?昔は先生が物差しで叩いて姿勢をよくしてくれた。
 けれど今は学校では出来ないから、それだけをお母さん達は心がけてください。
 今の時代に、親に出来ることはそれだけです。姿勢をよくすれば、大きなミスはしません。
 あとは・・・その子しだいです。
 教育とは“教え、育てる”ではなく、“教え、育つ”なのです」
ふむふむ、面白い。予備校の講師らしくない、そういうところが林先生の面白さだ。
けれど「育てる」と「育つ」には、私も一言ありますよ。
それは子育ての根源的なことで、長くなりそうだから、続きは明日にしよう。
真子は昨日のうちに体調も良くなり、今日の点滴に女房と出かけて行った。
今日と明日に吐き気などが出なかったら、いよいよ学校に顔出しさせよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR