FC2ブログ

教師をする意味?

報道ステーションで末期癌患者の「在宅治療」に奔走する医師を特集していた。
43歳と比較的若いその医師は、患者には正確に病状を説明するが、
「余命何カ月」も「きっと直る」も言わない。ただそっと患者に寄り添っている。
生前・いまわの際、死後までとらえた映像は、ある種の迫力があった。
患者の葬式で手を合わせた後、その医師は言う。
「僕に患者を助けることは出来ない。しかし自然に生きる“手助け”は出来る。
 手助けをし、患者の死にきちんと向き合いたい。それが出来なくては、医者になった意味がない」

意味!?医者という職業の意味・・・・それを問い続ける医師もいるんだ。
かなり感動しましたよ。
「とても難しい医学部に合格して、自分の偉さを証明するため」
「金が儲かるから」
そんな理由で医者をやっている奴も多いのに、根源的な意味を問おうとしている。すごい!

・・・・私は、なぜ在野の教師を続けているのだろう?その意味は何なのだろう?
大手ゼネコンをやめ公教育の教師になろうとしていた私は、
「煙草銭」稼ぎに数名の生徒を自宅に呼び、家庭教師みたいなことを始めていた。
アルバイトみたいなものだから、長く続けるつもりもなかった。
公教育や塾産業に怒りを持っていたことは確かだ。
「そんなやり方じゃあ、子供をつぶすだけじゃあないか!」
しかしだからと言って「公教育を変えよう」とか「塾を潰そう」などとは考えたこともない。
そんな能力はないし、だいそれた聖人君主でもない。ただの凡人だ。
ただの凡人が人様から「先生」などと呼ばれることに、ずっと気恥かしさも感じ続けている。
本当に、なぜ続けているんだろう?
食べるため・・・もちろんそれはあるが、最大の理由ではないと感じている。
「商売」という意味ならもっと、いくらでも「儲かる」やり方があるからだ。
私はそれをやろうとはしていない。
有名校へ入れようとも、点数を上げようとも思っていないしね。
「それじゃあダメだ!こうやらないと、本当のことが見えないぞ」
「しっかりしろ!そうでないと世の中、生きていけないぜ」
目の前に現れる子を、ただ単に鍛え上げ、育てようとしている。
そうか!子供が現れるからだ!
頼りなく、弱々しい子供が現れ続けるから、私は続けているんだ。
それ以外には深い意味も、理由も考えてないけれど、ダメかな?

明日は新小6となる2人の面接。来年3月から通ってくる。
意味も理由も考えていない私だけど、まだまだ続けることになりそうだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR