FC2ブログ

希望

木曜の午後仮退院してきた真子は、日曜のお昼まで穏やかに過ごした。
金曜は京都駅前のデパートへ行き、ウイッグ選び。体調はよく、元気に歩きまわった。
食欲もあり、もう入院前の元気な時と変わらない。
風呂に入った後、濡れた髪を乾かすときに、一部髪が薄くなっているのが病気の痕跡か。
髪が乾いているとまだわからないほどだが、ウイッグをつけてみるとよく似合う。
ウイッグは胸に届くほどの長さで、希望すればカットまでしてくれるらしい。
年頃の娘が髪が抜けるなどショックであろうに、真子は意に返さない。
「これも治療の一環」と覚悟は決めている。落ち込まないので家族が助かる。
土曜は笠取の「喜撰坊」まで蕎麦を食べに行った。
12時前に行くと、女将さんが懸命に蕎麦を打っていた。
「真子ちゃんのために、祈りを込めて打ってるからね」ありがたい。誰をも元気にする「命の蕎麦」だ。
ざる蕎麦でいただいたが、この味はどこにもない。家族4人が感動しながら食べた。
のんびりできた。真子はますます元気になったようだ。
日曜は午後2時に再入院だから、お昼は焼き肉。2週間前は吐き気で食べられなかった。
今回は「ホルモン定食」をしっかりと食べる。
5月31日の手術前は2週間ほど物が食べられなかったから、今回は全く違う。
しっかり食べて、体力も付けたから、5日連続の投薬にも十分耐えるだろう。
そうすると希望と欲が出て来た。「3クールで終了できないかな・・・?」
4クールが予定だが、真子は看護師から「3回で終われるかも」と聞いたことがある。
目安は「腫瘍マーカーが正常値になって、さらにもう1回」らしい。
と言うことは・・・今回2クール目で正常値になれば、その可能性も出てくる。
3回で済めば、身体のダメージも、そりゃあ少なくて済むだろう。
「完治」が目標だからあと何回かはわからないし、何回でもいいのだけど、希望が持てる。
今頃はもう抗がん剤の点滴が始まっているだろう。
2~3日はなんともないが、週末には吐き気と白血球低下が始まるか?
しかしそれはもう経験した。
何もわからず不安の中で始まった抗がん剤治療だが、今回は気構えが違う。
「きちんと治療すれば完治する。完治すれば、家に帰れる。普通の生活に戻れる」
希望を持って治療に臨める。
さて、真子はどんな顔をして管につながれているだろうか?
私も希望を持って、見てくるとしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR