FC2ブログ

笑いの効能

中1のカンナとアユがお昼1時過ぎにやって来た。黄檗学園は月曜から期末試験だ。
この2週間ほど毎日やって来るように、「こんにちは~~!」と入って来る。
元気な声が教室に響き渡る。その声に私の心も晴れやかになる。
さっそく教科書を広げ、明日の試験勉強。教科書を見ながら、何やらクスクス笑っている。
その時、向かいの家の小学1年生が学校から帰って来た。
「た・だ・い・まあ~~!」その大声に爆笑する。いつも元気な子供だ。
笑った後カンナとアユはすっきりしたのか、集中して勉強し始めた。
笑うってそうだよね。気分を晴れやかにし、リラックスさせてくれる。
2時間の授業の中でも1~2回笑えるときは、たいていいい授業になっている。
中1・高1のクラスは結構笑ってるなあ。いい雰囲気になっている。
中2・高2は授業中には笑うことが少ないけど、前後でよく笑ってるなあ。
中3・高3は「数学の中身」に、にやりと笑うねえ。ずいぶん大人になって来た。
笑いはリラックスするだけではなく、身体の免疫効果も上げるらしい。
白血球が減っている真子は、薬に頼るだけでなく、笑うことで、自力で増やせるらしい。
そうすると昨日は失敗しているなあ。
9月に真子のお気に入りバンドが宮城で復興支援コンサートをやる。
京都から夜行バスで8時間のツアーがあるようだ。
「行きたいなあ」「8時間のバスでは、体力が持たないよ」
それが悔しくて、女房の前で真子は泣いたらしい。
義妹のアドバイスでは、「飛行機なら行ける」と、希望を持たせてやるのがいいらしい。
なるほど・・・笑わせて、希望を持たせると、身体も頑張ってくれるのか。
白血球の数値は1300から2100まで上がったけれど、
今日の抗がん剤を打つには4000の数値が必要らしい。朝の検査でどうなっているか・・・
白血球を増やす薬はいいものが出ているが、副作用として身体に痛みが出るようだ。
時々真子は痛み止めを飲み、頑張っている。
頑張るだけじゃだめだ。今日のお昼はなるべく、笑うようにさせよう。
幸い食欲に問題はなく、ミスタードーナツの「カルピス入りドーナツが食べたい」と言う。
そんなものまで食べられるようになった。何かほかに「笑えるもの」を買って行こうか?
今日の点滴が行われていれば、午前中に終わっているはずだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR