FC2ブログ

ローヤル・ゼリー

ジャパン・フォトのゴリママさんは、毎日楽しいブログを書いておられる。
写真屋さんだからたくさんの写真もアップされて(私にはない技術)、
お惣菜・お花や家族の紹介など、私も毎日読んで心癒されている。
最近のブログで「久しぶりに、昔の同級生がやって来た」とある。お土産は、蜂蜜。
40になる頃から「納得できる蜂蜜を、自分で作りたい」と、養蜂家のもとへ弟子入りしていたらしい。
それから数年の修業を積み、「ようやく納得できるものが出来た」と、ゴリママのところへ持って来たのだ。
彼女の蜂蜜は熱処理をせず、ただ絞っただけのもの。色は透明で、サラサラしている。
写真もアップされていたが、確かに透明だ。
これを熱処理すると、どうしても色が濃くなり、粘りも出て、少し味が変わるのだという。
その味は・・・「こ、これが蜂蜜?今までの蜂蜜と違うよ!お、おいしい~~!!」
そんな蜂蜜を友達が持ってきてくれるなんて、ゴリママの人徳でさすがだが・・悔しい・・・
すごいんだろうな・・食べたことのなかった味かあ、いいなあ・・・・
昨日の朝、ゴリママからメールが届いていた。真子の病を知り、仰天したのだという。
「私は気功を信じていて、今から懸命に気を、真子ちゃんに送り続けますね」
いつものように、お昼に真子のもとへ行くと、すごく元気になっている。
ずっと続く吐き気が、薬も入れないのにおさまったのだという。
2日間何も食べられなかったのに、お昼のそうめんを半分ほども食べた。
お、恐るべし、気功・・・ゴリママの気が届いたとしか思えない。
昼過ぎに教室へ帰って来ると、紙袋がデスクに置いてあった。
『真子ちゃんがこれを食べて、早く回復しますように・・・ゴリママ』
あ、あの蜂蜜だ、ローヤル・ゼリーだ!
すぐには持っていけないので、夜に家に持ち帰り、女房や康太と味見。
確かに透明でサラサラしている。小さなスプーンですくって3人で味を見た。
「お・・おお~・・・」3人とも同じように唸った。何とも、素晴らしい。
濃厚な味なのに、しつこくもくどくもない。
舌の上でサラサラとほぐれて行くのに、余韻ジョウジョウと、いつまでもたなびき、良いにおいが残る。
これに匹敵する甘さと柔らかさは・・・ちょっと思いつかない。
強いて言えば、味は違うが、極上で値段もバカ高い「和三盆」と同じ感動だろうか?
感動の甘さ・・・・そうとしか表現できない。
真子は病以来甘いものが食べられなくなっているが、これだけは・・食べさせよう。
まだ時々吐き気に襲われて、ものが食べられないが、日に何度かスプーンですくって、
おやつ代わりになめるくらい・・出来るだろう。いや、食べないといけない。
砂糖の甘さではないし、嫌な味も香りもなく、栄養・滋養の塊だ。
ありがとう、ゴリママとそのお友達。少しずつでも真子に食べさせ、体力をつけさせます。
私も一口食べて、元気が出た。
今日の高1・高2の授業は「関数の決定」と「3角関数の鋭角表示」。
それぞれが「山場」だ。ビシビシと鍛えることにしよう。
多くの方に支えられて、真子も家族も元気にさせていただいてます。ありがとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先生、 ありがとうございます!

真子ちゃんの調子が良くなったのは 真子ちゃんの「生きる力」だとおもいますよ!わたしの『なんちゃってレイキ』くらいじゃあ そこまでできないですよ~!(笑)

コバの蜂蜜は16年間の修行ののちにやっと自分の農場を持てて作られたものです。販売は身内だけ。口コミのみです。
実はその分は ゴリの下宿に・・・っておばあちゃんが注文しててくれはった分だったんですけど、真子ちゃんの話をしたら 家に着いた途端に「真子ちゃんにどうやろ~?」って。
おばあちゃんのやさしさでもあります。

みんなの気持ちが 真子ちゃんに届いて 真子ちゃんの病原菌をやっつけますように!!

負けないぞ~!!


先生たちも お疲れの出ませんように。

Re: No title

16年ですかあ。しかも自分の農場まで持って・・・ものすごい頑張りですね。
そりゃあおいしいはずだ。一人の人間の想いを具現化させた味だもの。
や、ユキには申し訳ないね、横取りしちゃった。おばあちゃん!ありがとう!!
きっと真子は、もう食べてますよ。これで身体に力がわくはず。
週末には一時退院してくるでしょう。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR