FC2ブログ

疲労の蓄積

2種類の抗がん剤は点滴で入れる。それぞれ90分と60分。
それ自体はそれほど長くないのだが、事前に4時間、あとで6時間の水の点滴がある。
最初のは血液の循環をよくし、薬がよく回るようにだ。吐き気止めも入っている。
最後の6時間は水分を大量に取って、尿として排出するためだ。
長く体内に薬がとどまると、特に腎臓に負担が大きいらしい。
吐き気止めがよくなって、木曜の夜まで真子は元気だった。
もちろん吐き気やだるさはあるのだが、我慢できる程度だった。
しかし5日連続の投与は、確実に疲労を蓄積したようだ。
最後の金曜の夜はそれまでになく、気分が悪くなった。それでも一度家に帰りたがった。
「家の布団がいい。焼き肉屋でホルモン・タン塩が食べたい。キセンボウの蕎麦も食べたい」
お腹がすいても食べられるものが限定されてきて、そういう食べ物のことを言う。
土曜日のお昼から夜まで外出許可をもらい、家に連れて帰ることにした。
けれど、吐き気がして、うまく歩けない。相当薬のダメージがあるようだ。
なんとか車に乗せたが、家に着くまでに1度吐いた。
家に帰って3時間ほど寝ると、少し気分も良くなり「食べられそう」と言う。
近くの焼肉屋へ行ったが、どうにも、10分と座っていられない。
何度もトイレへ行き、吐こうとするが、出すものがない。
タン塩が焼き上がって口をつけようとするが、そこでギブアップ。
結局一口も食べられず、病院へ戻った。病院食も、何も食べられない。
吐き気止めも点滴してもらったが、まるで効かない。
吐き気以外は何もなく、頭痛もないし、バイタル(血圧・脈拍など)に異常はない。
ただ気分が悪く、ベッドからうつろな目で天井を見る表情は・・・見ているのが辛い。
薬がよくなっても、抗がん剤と言う「猛毒」を身体に入れるのは、こんなにもダメージなんだ。
辛いけど、それだけ重い病気になってしまったんだ・・・仕方ない。
「重湯なら食べられるかも・・・」そう言うので、女房が昨日の夜作って持って行った。
何も食べられなかったが、全部食べた。けれど、全部吐いてしまった。
吐いてしまったけれど、食べられるようになった。少しずつ回復しているのだろう。
そのつどやるのかと思ったら、今日に血液検査など、効果を見る検査がある。
数値がよくなっていれば、それが1番の「元気の薬」だ。
明日はまた抗がん剤を入れるが、今度は1日だけで、その後1週間あく。
今度は慎重に事後の養生をさせて、今度の土・日には焼肉屋にも、キセンボウへも行けるだろう。
きっと良くなる。それを励みに、治療に耐えよう。真子も、家族も。
今日も今から病院へ行って、様子を見てこよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR