FC2ブログ

遥かなるエジンバラ

府立高校の全生徒を対象に、夏休みである8月の3週間ほど、
イギリスのエジンバラへ短期留学させる制度があるらしい。
すべての費用の3分の2を団体が支援してくれる。
エジンバラかあ、聞いたことあるよね?王族だか貴族のエジンバラ公なんてね。
もちろん数は限定されるから、普段の成績、素行と、留学動機の作文で選考される。
倍率がどれほどになるかは知らない。たぶん、ものすごいことになっているのだろう。
真子は高1の時から興味津津だったが、去年は参加できなかった。
「8月の段階で16歳以上」に引っかかったのだ。真子は10月生まれ。まだ15歳だ。
それはどうしようもないので今年、懸命に作文を書いて応募した。
見事に選考を突破した!高校の先生が嬉しそうに報告してくれた。
けれど・・・真子には断腸の想いだが、残念ながら、今回は行けそうもない。
薬剤治療に最低でも3ヶ月かかるから。
6月いっぱいは入院加療で、7月からは通院と少しの入院を繰り返す予定。
薬の副作用もあるし、8月には・・・間に合わないねえ・・・
真子も覚悟はしていたが、逆に、合格の報告には、絶句。
少し動けるようになったが、腰をかがめ、下腹部の傷を手で押さえ、
そろり・そろりと歩く姿は・・・親として見るに堪えない。
しかも楽しみにしていた留学にも行けないなんて・・・
仕方ない・・・仕方ない・・・今は治療に専念して、身体を治すのが先決だ。
病さえ治れば・・・生き延びることが出来れば、エジンバラへは家族で行こう。
家族旅行だ、いつものように、パパとお母さんと康太と真子の4人で。
その時真子は大学生かな?楽しいぞ。
エジンバラは田舎町だそうだから、いつものように4人で歩きまわって、おしゃべりして。
それを楽しみに、今は治療に専念しよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR