FC2ブログ

導入

中間テストが終わって、高1・高2はいよいよ新単元だ。どちらも今までは基礎論ばかりをやっていた。
基礎論って、とても大切だけど、面倒でややこしいんだよね。とても1度では理解し切れない。
だからそれを「実践編」の中で繰り返し確認していく。
高1は今日から「2次関数」。高1最大の山場だ。どうやって導入してくれようか?
まずはグラフの平行移動で「標準形」を作り、頂点・軸・元グラフを確認する。
たいていここは「公式的」に通り過ぎられるが、「なぜその形になるか」が大切で、
それをなぞりながらグラフを描く。それこそが基礎論の復習なのだ。
その基礎論の確認をせず先へ進んでしまうから、2次不等式あたりで多くの生徒が脱落する。
なぜほとんどの高校が確認作業をしないんだろう?時間がないこともあるが、それだけではない。
教師自身が「そんなもの」と思っているのだ。
「高校の数学は公式の“暗記”。俺も高校時代は暗記で乗り切った」
ほとんどの教師が確認作業を「未経験」なのだ。「暗記するもの」だと思い込んでいる。
まあ・・・「公式を教えるのが仕事」ならそれでいいのだけど、数学の本来はそうではない。
基礎論を確認・判断しながらいくつかの理論を組み合わせ、立体的に立ち上げる作業を学ぶものだ。
もちろんうちにも、そういう作業自体が苦手な子はいる。最初は皆が苦手とも言える。
けれどだからと言って公式暗記をさせると、いつまでたっても数学はわからない。
なんだか一般の高校生は、数学とは「全然別物」をやっているような気がする。
今日から高1達にはしっかりと「立ち上げる作業」をさせて行こう。
高2は「三角関数」だ。今日は「ラジアン」の確認で精一杯だろう。
ここも放っておくと、何十もの公式の暗記作業になってしまうところだ。
しかし本当にはそれらすべての公式を「自分で立ち上げる」ことを学ばねばならぬ。
まだ力の弱いこの学年だが、ここは数学の作業を通じて、学びへの向き合い方、
自分の生活でのけじめのつけ方などを問わせ、少しでも大人に育てたい。
ただ公式を暗記して、試験で6割ほど吐き出して・・・が許されるのは高校までだ。
大学や社会へ出れば、そういう子は危なくて、現場に立たせられない。
そんなことは大人なら日々実感していることだ。
間もなく現場に立ってもらわなくては困るから「適当な暗記」を叱るべきだ。
「100点を取れ」と叱るのではなくてね。高卒で社会に出るなら、あと2年ないのですよ。
早く大人になってもらわないと。え?大学へ行くから大丈夫?
大人になっていないとまともな大学へはいけないし、行ったって4年間遊ぶだけですよ。
そうは育てたくない。今日も鬼のように厳しくしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR