FC2ブログ

乳癌

アメリカの女優さんが、まだ健康な乳房を切り取ったそうですな。
何でも「遺伝子に異常があり、将来乳癌の可能性95%」だったらしい。
将来と言っても、いつのことかまでわかるのかな?それにしてもよくやれるわ。
女性の乳房って「美の象徴」だものね。それをまだ健康なのに取っちまうんだから。
我々貧乏人には縁のない話ですな。保険がきかないから、検査だけでも数十万円らしい。
その上に手術・整形で、女優さん、いったいいくらの金を支払ったのだろう。
我々には絵空事だね。札幌の郊外に住むゴーヤ仲間もそうだった。
彼女が乳癌の手術をしたのは、4年前だったかな?ステージがかなり進んでいて不安がるから、
「退院したらゴーヤの種をくださいね」と励ますと、その日のうちに庭の雪をかきわけ、
種を拾って送ってくれた。それ以来、手紙のやり取りは何度かあった。
彼女の家の前にはバス停があり、バスの中から彼女の畑がよく見えたらしい。
その夏に90歳のばあさんがバスを降り、彼女の庭に入って来たという。
「トマトを、少し分けてもらえんかのう・・・」
月に一度、札幌の病院に入院する兄(90歳のばあちゃんの兄!)を見舞いにバスに乗るのだが、
彼女の庭のトマトがあまりにおいしそうなので、我慢できず、途中下車したようだ。
しかし、トマトの時期は終わろうとしていた。前日のヒョウにも打たれ、割れたものばかり。
少しでもましなトマトと、庭じゅうの食べられるものを収穫し、ばあさんに持たせた。
「すまんねえ。けれどこんなにたくさん・・・お代が払えんよ・・・」
「お金なんていらないですよ。おばあさん、来年はもう少し早く来てくださいね」
それが3年前の夏だったか・・・
今年の2月のブログで「京都のお友達にも、会いたいなあ」というから、
「あなたの庭のトマトを勝手に食べて、“トマト泥棒!”って言われるのが夢ですよ」
なんて書きこむと「すぐに来てください。“泥棒!”のあとは、ジンギスカンを食べに行きましょう」
そんな元気なことばかりを書くから「会いたいなあ、すぐに来て」を、深く考えなかった。
この夏にでも、本当にトマトを食べに行ってやろうと思っていたのに、一ヶ月前・・・
「最近息が苦しくなってきて、、治療に入院してきます。少し長くなるけど、帰ってきますね」
そう書き残し、1週間前に息を引き取った。たぶん・・・余命宣告も受けていたのだろう。
同じ札幌の「畑仲間」の何人かは、そのことを知っていたようだ。
乳癌で・・・本当に死んじゃうんだ・・・・まだ40代半ばなのに・・・
「遅くに結婚し、遅くに出来た」という一人娘は、まだ小学3年生。
死に切れないわね・・・彼女は「呪縛霊」になってでもそこにとどまり、娘を見ているだろう。
仲間がいなくなる・・・ずいぶんと骨身に堪えた出来事だった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR