FC2ブログ

25部

今日から「バク中」が中間テストだから、今日の中1・中2の授業はお休み。
やったあ~!嬉しい~~!
プロ野球選手も雨で試合中止になると「めっちゃ、嬉しい」らしいが、とてもよくわかる。
そりゃそうだわね、仕事しなくていいんだから。準備しなくていいんだから。
さて、私はどうしようか?午後からは自宅でゴーヤネット張りして、マッサージにでも行くかな。
そんなことを考えながらいつものように教室中に掃除機をかけて、午前中は読書会の冊子作り。
さて、第2回は何を読もうかな?特に迷いはしない。どれを読んでも面白いから。
今回は高校と大学入試から。2009年嵯峨野高校の問題は「美術の遠近法について」
千住 博さんの「美術の核心」という本からの抜粋のようだ。
へえ~、絵ってただ描き写してるんじゃないんですね。意志と哲学を持って描いてるんだ
どうやら風土的に日本では「遠近法」は馴染まなかったようですぞ。
こういう題材って、国語の先生がどうやって見つけてくるのかな?
たまたま美術の先生と雑談してて、「この本、面白いよ」って教わるのだろうか?
もうひとつは「野菊の墓」のワンシーンを取り上げてある。
これも面白いけど、時間的に読めないかな?
2010年京大理系は、「津島祐子“物語る声を求めて”」と、「木下是雄“日本語の思考法”」
が取り上げられてる。どちらも面白い。
この二つを2時間かけて読んでもいいけど、「なぜ教科書はつまらないのか」を解説する
木下さんの方を読むことにしよう。どれも、問題を越えて、たくさん考えさせられますよ。
題材が決まれば、さて、コピー。前回は追加コピーに追われたので、今回は25部ずつ。
解説もコピーするからあっという間にコピー用紙の束が消える。
ページごとに並べ、1枚1枚とってホッチキスで止める。
午前中いっぱいかかりましたよ。でもいいんだ、今日の仕事は休みだから♪
こういう文献を読みながら、子供たちのやっていることを、そして私達のことも、
たくさんお話しできれば楽しいですね。
それでも追加コピーしなくてはならなかったら?・・・しますよ・・・
10人しか来なくて余ったら?それも大丈夫。
ホッチキスをはずして「計算用紙」に再利用するから。
うちの教室では28年前から「裏に字が書けるもの」は何だって計算用紙なんですよ。
いくらあっても足りなくなる。だから「用意」は万全です。お待ちしますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR