FC2ブログ

定植する

ゴーヤの苗はすくすく伸びて、巻蔓を伸ばし始めたので、昨日プランターに定植した。
プランターの2ヶ所に小さく穴をほっておいて、苗を土ごとポッドから出し、
穴に植え込んで上に3センチほど腐葉土をまぶす。あとはたっぷりと水をやる。
茎の細さに比べて葉っぱが大きいので、少しの風にもフラフラする。
巻蔓を回して、そばに立てた棒にすぐに巻き付いた。もう風が吹いても大丈夫だ。
小さな苗が懸命に房にしがみつく様って、とても可愛いですよ。
土は1ヶ月以上前から準備しておいた。去年の土だけど、半分ほどは腐葉土と取り換える。
石灰を少々入れてアルカリ性にする。堆肥も入れて時々かき混ぜておいた。
土を柔らかくして堆肥を入れると猫が掘り返しに来るので、猫が嫌がる
釘状のものがたくさん付き出たプラスチックを上に置いておく。
堆肥以上の肥料はまだやらない。
最初は栄養不足にすると、栄養を取ろうと根がしっかりと伸びる。
「植物は根が命」と、長野の農夫・鈴木さんに聞いた。根を伸ばしてから「追肥」するのだ。
それまで1~2週間かな?そうなると毎日10㎝ほども伸びていく。
どうやって細胞分裂するんだろう?と思うくらいに、驚異的に伸びる。
葉っぱの根元にある「子蔓」もすぐに伸びて行き、黄色い花を咲かせる。
雄花と雌花があり、雌花は小さなゴーヤの先に咲く。虫が蜜を吸いに来る。
虫が来るのは人が起きる前の早朝が一番多いように思う。
雌花への「授粉」は虫達に任せてもいいが、人がやるのが一番確実だ。
なるべく朝早く、雄花を取って、花粉を雌花にくっつけてやる。
暑い日の午後になると花粉が乾燥して、うまく授粉しないこともある。
授粉してから2~3週間が食べごろ。「朝どり」は実がシャッキリとして、とてもおいしい。
今の時期は店売りのものを食べるけど、収穫から時間が経つのか、フニャフニャだね。
調理するとわかりにくくなるけれど、新鮮な方が、歯ごたえも味も、そりゃあいい。
我が家では夏の3ヶ月間、毎日食べる。
ビタミン・ミネラルが普通の野菜とはけた外れで、私の血糖値も正常にしてくれる。貴重な夏野菜だ。
昨日は炭山のリノのところへ3株を里子に出した。今朝はお隣に2株を分け、
毎朝前を犬の散歩に来るおじさんにも2株分けた。
あとは自宅に2株植え、マスミのとこへ2株出したら、今年はおしまい。
品種は「島娘」というもので、25~30センチの実がたくさん出来る。
その成長は見ているだけで面白いが、毎日食べるのが、待ち遠しい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR