FC2ブログ

読書会 開幕

今度の日曜日、朝10時から2年ぶりの読書会が開幕する。どうやら雨は上がりそうだ。
何人ほどの方がみえるのか、どれほど読めるのかはさっぱりわからないけれど、
数名でもいらっしゃれば、お茶でも飲みながら文献を読み、この教室の様子、
子供たちの現状と今後、私達のこれからの生き方・・・何でもお話したい。
用意するのは2010年・京教大付属中学と、2011年・京大理系の国語入試問題。
「へ?中学入試と京大入試?」
そうですよ。けれどきちんと読んでみると難易度にはほとんど差がないことがわかります。
中学入試は(辻 信一さんの「ゆっくりでいいんだよ」)から。
「なぜ現代の私達は『急げ・急げ』『忙しい・忙しい』と言うのだろう?」がテーマ。
いい文章ですよ。もちろん一般向けに書かれた本からの抜粋だから、奥が深い。
「これを小6が読まされるのか?」って、びっくりしますよ。
これをもとに「今の私達、子供達」を考えてみたいですね。
大学入試は以前にも書いた(長田 弘さんの「失われた時代」)から。
「自分が『生きなければならないように』生きる」がテーマ。
これも実に味わい深い文章です。大学入試だからって、特に難解ではありません。
「京大入試・・・?」なんて、読みもしないで勝手にビビる奴は多いけれど。
「自由に生きる」でもなく「楽しく生きる」でもなく「生きなければならないように生きる」
私、何度読み返しても涙が出てきます。「そ、その通りだあ~・・・」なんて。
設問も見てみましょうね。
中学入試の方が、文法・接続詞・抜き出せ・・なんて、細かくてややこしいですよ。
京大の方が「棒線部をわかりやすく説明せよ」だけだから、かえってシンプルです。
ただ全部記述しないといけないから、それが面倒で、難しいと言えば難しいでしょう。
12歳が読む文章と、18歳が読む文章。難易度に差はなく、設問の角度が違うだけです。
子供たちが読まされるときは「人生がかかっている~」と大変だったでしょうが、
我々にはプレッシャーはないですからね。楽しく読んで、我々も「勉強」しましょう。
では、12日の日曜日、朝10時にお待ちしております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おはようございます♪
今日の読書会寄せていただくつもりでしたが、やはり子供たちの試合が重なりました…

今週は、欠席して次の機会に参加したいと思います♪よろしくお願いいたします(*^ー^)ノ♪(*^。^*)

Re: タイトルなし

あと3回ありますからね。
いつでもお待ちしま~す♪
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR