FC2ブログ

一面の新緑

いちめんの新緑 いちめんの新緑 いちめんの新緑 いちめんの新緑 いちめんの新緑
あまりに天気がいいので家族で高雄に出かけた。
女房と康太を乗せて、日曜朝10時に竹田のばっちゃんを迎えに行き、いざ出発。
ひたすら北へ向けて走り、周山街道へ入れば、高山寺までは1時間もあれば到着する。
私は高雄には行った記憶がないので楽しみだった。
無料駐車場に車を止めて降りると、むせかえりそうなほどの新緑だ。
ほとんどの木がもみじ。紅葉もいいけど、日に照らされたもみじの新緑も別格に美しい。
寒くはなく、汗をかくほど暑くもなく、素晴らしい日だ。所々に咲く藤の花もきれい。
高山寺を目指して裏参道を登る。ほどなく到着した。
1000年ほど前に作られた寺で、教科書にも載っている「鳥獣人物戯画」がある。
カエルとウサギが笑いながら相撲を取っている、あれだ。
「へえ~、これは見たことがある。こんなところにあったのか」
教科書にあるのはそれだが、全部で4巻の巻物に書かれていて、人物画もあった。
「鳥獣戯画」と覚えていたけど、なるほどそれで「鳥獣人物戯画」なんだな。
英語で書かれた寺の説明を読んでいて、UJIの文字を康太が見つけた。
「あれ?宇治って書いてあるで」そう言うと住職が語りかけてきた。
「宇治から来られたか?この寺は宇治とは縁が深いのです。
 この地には日本最古の茶園がある。けれど寒過ぎたので、ここから宇治へ移したのです。
 ですから宇治茶はこの寺から始まりました」
そ、そうだったのか。なんだか嬉しくなるねえ。
ひとしきり建物を見学した後は表参道を下り、1キロほど離れた西明寺へ向かう。
川にかかる指月橋を渡るとき、下の河原では多くの人がバーベキューをやっていた。
天気はいいし、子供なんか水着で川に遊んでいる。
西明寺へ登る山道も、もみじの木だらけだ。これは秋にはすごい人になるんだろうな。
女房に聞くと、11月だけは駐車場が有料になるらしい。なるほど・・・
西明寺は小さな寺で、特に見るものもなく、すぐに2キロ離れた神護寺へ向かった。
新緑の中を歩くのは少しも苦にならない。たくさんの人が歩いている。
神護寺なんか聞いたこともなかったが、女房とばっちゃんは20年ほど前に来たことがあるという。
ここは・・・寺までの階段が長い。登る人は皆息を切らせている。
ゆっくり登って行って、広い境内に着いた。とても広い。
金堂の中には見事な仏像がたくさんあり、思わず皆で手を合わせる。
少し先に行くと、有名な「かわらけ投げ」の場所だ。それならテレビで見たことがあるぞ。
土器の皿を高台から投げるやつだ。
行ってみると見事な絶景が広がり、3人の女子大生が投げていた。
「よし、投げてみよう」そばの店で2枚100円を2組買う。
一投目は失敗。次に斜め45度に投げ上げると、うまく回転し、遠くまで飛んでいった。
その瞬間、私は思い出した。昔・・・同じように投げたことがある。
たぶん私が4~5歳の頃だろう。そうか、50年以上前に私は来ていたのだ。
すっかり忘れていたが、その高台の風景を眺めていた記憶がよみがえった。
降りる途中の茶店で抹茶をいただき、駐車場まで戻って来ると、けっこう足に来ている。
新緑とお寺とかわらけ投げ。とてもいい1日を過ごせた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR