FC2ブログ

文転

数Ⅲは高度な微分・積分をやるのだが、大学理系の準備色が強く、
「ま、入学前にこれくらいのテクニックは知っておけ」というものだ。
理論を推し進めるとすぐに高校レベルを越えてしまうから、それはやらず、
微分・積分のテクニックだけを覚えておく。けれどまあ、それだけでも大変だ。
もう、そういう数学が好きじゃないとだめだね。好きだから「理解」してゆく。
「形だけ暗記して、とにかく入試の時だけ・・・」なんてやっていると必ず崩壊する。
どの道入試でも対抗できないし、そもそも入学後の「基礎テクニック」なのだから、
まぐれで入学しても、その後大学の授業がまるでわからないだろう。
推薦や一芸入試で理科系に入学しても、ほとんどが退学するのは、そういうことだ。
高2の今の時期はクラブも忙しい。5月の最終予選へ向けて練習量が増える。
だからと言って勉強量が減ってはいけないのだが、ま、減る子もいる。
5月の予選に勝って、7月の近畿大会・・・「勉強は9月からだ・・」そういう子も多い。
けれど9月まで勉強量が減ったままだと、もう、センターテストは越えられませんよ。
5教科7科目なんて、とてもじゃないけどこなせない。全教科ダメになる。
そういう子には・・残酷で残念なことだけど「見切り」をつけさせた方がいい。
「いや、最後まで本人のやりたいように」は、聞こえはいいけれど、無責任さもある。
数Ⅲはろくに理解も出来ず、国語・英語の勉強量も少なく、学校で物理も取っていない。
なのに「国立大の建築科へ行く」と言うのまで「好きにしろ」でいいのだろうか?
その子はどのように生き、生かすべきなのか。そのために今、何をするべきなのか。
何が出来るのだろう・・・・?
「私立の経済系にしないか?あるいは看護系。それだと数・国・英の3教科で行ける」
経済って文系なのは日本だけなんだよね。海外では理科系。でも文系のことも出来る。
中途半端な学部なんだけど、それゆえに「何をしていいかわからない」と言う生徒には、
大学の中ですることを探させるにはうってつけだ。
勉強量は少なく、理解力もまだ浅いけれど、数学だけはやって来た。
数Ⅱまでの範囲なら満点も狙える。すごく有利になる。
そうやって文転して、経済や看護へ進む子もうちにはいる。
基礎力だけはつけたから、不足分は大学で鍛えてもらおう。
この子に自分の「生きる道」を探させよう・・・そうやって文転を伝える。
4月から3教科だけなら、かなり絞り込んで勉強できますよ。
まだ18歳の子に「一つの見切り」をつけさせるのは辛いけれど、それも教師の仕事だ。
その子が「生きていくため」なら、私は何だってする。今年も・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR