FC2ブログ

導入には気を使う

さて、新中1が初めての数学にやって来る。新中2も中2のテキストに入る。
どちらも同時に導入だあ~。ううう・・・どうやって導入しようか?
中1は「負の数」「絶対値」など、中2は「文字式」。それでなくても新単元は気を使う。
数字・式・言葉の「定義」を一つ一つ明確に確認しておかなくてはならない。
数学って意外に「言葉」が大切なんですよ。「専門用語」が多いからね。
数学がわからなくなる最大の原因は、用語の意味がわからなくなることだ。
それは一般には意識されていない。数学に言葉なんて関係ないと思われている。
「絶対値の定義」なんて、教師にとっては「当り前」なので、うっかり説明を忘れたり、
塾でアルバイト教師をする学生なんて、その意味すら忘れている。
用語の意味がわからないと「なぜそうするのか」がわからない。つまり、数学がわからない。
中学の段階で多くの生徒が潰されるのは、そういうことでだ。
けれどほぼ100パーセントの生徒がそういう状態だから、「型だけの暗記」で、
「見た目には」生き残る生徒がいる。進学校やスーパーⅡ類へ進む子らだ。
その子らが高校からうちにやって来ると、ほとんど例外なく唖然とさせられる。
「お前・・・本当にその数学で・・・受かったのか?」
根本の意味を知らないから「式の扱い」すら、まるでわかっていない。
高校からは「その意味」ばかりを問うから、放っておいたらすぐに潰れますよ。
後に京大へ進んだケンタやマミもその状態でやってきたし、
今年1年遅れで高1のクラスにやってきたタイスケやミオにも唖然とさせられた。
同じ高1でも真子・ユウカ・ミオ・ミユ・カイあたりはトップランカーになっているし、
メイ・アヤカ・サキコ達も「数学だけ」で順位を上げてきた。
繰り返し繰り返し「その意味」を問い続けているからだ。
なぜ、どこもがそうしないのだろう?・・・面倒くさいからですよ。
その意味を確認するために、時には図を用意し、グラフを用意し、例題もたくさん・・・
すごく時間がかかるし、「2時間の授業」のうちだから、辛うじて出来ているのかもしれない。
時代には「逆行」しているよね?「効率よく、スムーズに」という時代だもの。
そりゃあね・・・効率よくしようと、私だって思ってますよ。工夫もしてますよ。
けれど・・・どうしようもなく時間がかかる・・・教育にはそういうものがたくさんある。
「さあ、新中1のガキども、絶対値ってのはだなあ、“0からの距離”なんだぜえ。
 何?意味がわからねえ?しょうがねえなあ、スケッチブックに数直線描け、数直線・・・
 0をここに取ると、-3って、ここだろ?すると・・・」
中1も中2も、そういう授業の始まりだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR