FC2ブログ

高校入試終了

穏やかで、暖かな日だった。中3生達は今頃家に帰っただろうか。
15歳の試練、高校入試が終わった。うちからは7人が受けに行った。
莵道が5人、東宇治が2人。ま、心配あるまい。心配なのは入学後だ。
高校ではすべての教科の難易度、というか質が変わる。その分難しくなる。
「片手間の暗記」で乗り切れる部分は少なくなり、正面から対峙しなくてはうまくいかない。
休まないこと、遅刻をしないこと、自分の部屋をきれいにすること・・・
勉強とは別にも思える、そういうことが本当には大切になる。まともな親ならわかっている。
ナナセとレオの大学合格祝いのランチを食べながら、まちゃみちゃん・ひとみちゃんと話した。
ナナセもマリアも掃除が下手で、遅刻が多い。
まちゃみちゃんは普段から厳しく言い、ひとみちゃんは買ってきた鶏肉を手に持ち、
娘を殴りつけに行ったらしい。遅刻はいけないから、けじめをつけないと何事もうまくいかないから。
親が言わなかったら、今どき誰が娘に言ってくれる?この河原以外、誰も言ってくれぬ。
だって、学校の教師が言えばすぐに「それは言葉の体罰だ!」なんて、誰かが言うから。
けれど、それを言わないと、勉強は出来ませんよ。今の教育現場がそれを証明している。
子供を真剣に大人に育てようとするなら、手も口も普通に出てしまう。
わずか3年で「大人への原型」に育てて、大学なり社会へ送り出さなければならない。
もう・・・手でも口でも、必要なものは総動員する。
私は昔よりも明らかに「口やかましく」なっている。
昔よりも子供を大人にする大変さが、3年の短さが、よくわかるから。
パンチを多めに出すことで、高2や高1も、幾分かは育ってきた。
高校入学に浮かれ、中学と同じように手抜きし、数学が「やばく」なっていた真子。
去年の秋くらいから毎日勉強したが、なかなか取り戻せなかった。
そして高1最後の模試。3教科の三角形が真黒になっていた。
かつて康太が初めて高校1位になった模試で、真子は康太を追い越している。
高校の3分の1を終えた時点では、上出来だ。
さて、今日の試験を終えた子らは、英語は18日から、数学は20日からやって来る。
「いいかお前ら!高校の勉強というものはだなあ・・・・・」
ふふふ、もう、プランは出来ている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR