FC2ブログ

開戦 国立大前期試験

ついにこの日がやってきた。前期試験。
「いつまでも来てほしくない」という気持ちと、「さっさと終わってくれ」という気持ちが交錯する。
どれだけ鍛え上げても「あれは・・・これは・・・」と、不安になる。
信州へ行ってるはずのユウキ。天気は大丈夫だろうか?
彦根へ行ったのはシュウヘイとミオ。こちらも雪になっているかもしれない。
トモコは奈良へ、コウヘイは神戸だからいい天気だろう。
同じく京都もいい天気だ。モトイは今日の数学がカギを握る。
去年のようにとんでもなく難しくなると、皆が解けなくなるから、それでもいい。差は出ない。
中途半端に易しくなると、ちょっとしたミスが大きな得点差になってしまう。
そこを重点的に鍛えていったが、愚直なほどに、一つ一つを仕上げていった。
現時点では一つの問題を3通りほどで解答できるまでになっているから、勝負になるはずだ。
ただの努力で登れる山ではない。
不器用なこの子は、それゆえに、並はずれた努力を積み上げてきた。つぶさに見てきた3年間だった。
模試では得点が上がらず、本番のセンターで過去最高得点となった。そういう子だ。
今日の数学を乗り切っても、明日の理科という障壁もある。
零下20度の暗闇の中でじっと夜明けを待つような、とんでもなく長い2日間となるだろう。
防寒着は着せた。手袋も帽子も厚手のものにした。小型の酸素ボンベすら持たせた。
あとはモトイ自身の気力と運次第だろう。
コウヘイは数学が「いつも通り」なら合格するし、シュウヘイも能力的に問題ない。
センターで得点が伸びず苦戦のユウキだが、信州だと勝負になっている。
ミオとトモコは国立の名がほしい高校に、無理に受けさせられている。合格しても、行くのかどうか・・・
なかなか決まらなかったナナセは、前期で落とされた看護大学を、後期で逆転合格した。
私立なのに学費が年間70万円と、信じられないくらいに安い。普通は200万する。
まったくハラハラさせてくれた娘だが、望み得る最高の結果となった。
どの子も・・・しっかりと鍛えてきたさ・・・結果は来月の11日前後にわかる。
けれど・・・とりあえず今日はどうなのだろう?
心の置き場のない私は、ゴーヤの「土づくり」でもして、気を紛れさそうか?
長い・・・長い長い、1日だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR