FC2ブログ

入試問題を解く

木幡中と莵道高校が中間テストに入った。
昼ごはんに帰ろうとすると、高3のタカシが帰って来た。
家に帰ると康太も帰っており、数Bと地理は全部出来たらしい。
真子も帰って来て、英語・国語・技術すべてが簡単過ぎて面白くなかったという。
今日の授業は数Ⅲだけだが、教室に戻ってみると、
中3のマスミ・サチエ、高1のミオが弁当を食べている。
マスミとサチエは家に帰っても誰もいないし、ミオは久御山だし、タカシは笠取だ。
お昼から夜まで教室で勉強し、家に帰れば寝るだけ。
本当にこの教室を作っておいてよかったと思う。

今日の数Ⅲは迷ったが、思い切って2009年の京大の入試問題研究。
「京大模試」の数学が全然解けなくてマミやケンタが焦っているが、
あれは難問ばかりを集めているわけで、入試問題はそういうものじゃあない。
うちの生徒だったら6問中3問は軽く解けるし、少し出来る子なら5問くらい解ける。
残り1問は誰も解けないし、それを簡単に解くような奴は超人で、相手にしない方がいい。

解答は一部を解き直してみた。見直してみると気に入らないことが出て来るからだ。
え?私だって簡単に解いてるわけじゃあないですよ。
ウンウン考えてようやく解いたり、解けない問題だってある。
そう言う時は解答を見てヒントをもらい、やっぱり私の手で解答を作成する。
この時期、毎年どれくらい解くだろう?
国立は京大、工芸繊維大、府立大、神戸、大阪府立、大阪市立などで、
一つの大学で2回分ずつ入試問題があるから、16回分ほど解くかな。
神戸や京大は素直な問題が多くて苦にならないが、京都府立は「うざい」!
なんであんなに「いやらしい数字」ばかり出すかなあ?
問題自体は簡単なのに、「4ケタの素数」なんかを係数にしたりする。
思わず問題用紙をビリビリと破り捨てたくなる。
解くのは国立大ばかりではない。
同志社・立命館・関大をメインに、龍谷と京産も少し。
それでも10回分ほどは解くなあ。
それとセンターテスト対策の問題を8回分ほど。
まあ、たいがい嫌になりますよ。生徒よりもたくさん解くんだから。
でも、それも「仕事」のうちだから、仕方ないですなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR