FC2ブログ

キクイモ

生徒のお母さんからキクイモをたくさんいただいた。昨年もいただいたものだ。
御自身の畑でも作られているそうだが、それは畑仲間にもらったものらしい。
仲間に聞くと「食べると血糖値がすごく下がるんだ」ということで、私に持ってきてくれたのだ。
昨年は女房がみそ汁の具にしたが、あまりおいしくなかった。
「どう食べたらいい?」「サラダでもおいしいですよ」
サラダ?生で食えばいいのか?!さっそく女房にスライスさせ、かじりついた。
あ、甘い!これはおいしいぞ。これならいくらでも食べられる。
「1日に2個食べると血糖値が下がる効果があるみたいですよ」
お昼と夜にそうやってパリパリ食べている。
毎日200回以上のスクワットも続けているし、来週の定期検診が楽しみだ。

中2がテキストの全範囲を終えた。来週からは中3のテキストを使う。
最後は2ヶ月以上も「確率論」をやっていた。
問題ごとにルールが変わり、「こんな場合は何通りある?」を数えなくてはならない。
30通りかもしれない、100通りあるかもしれない・・・
間違っていても答えは出せる。しかも、あっているかどうかの検算はほとんど出来ない。
ルールを正確に把握し、状況を思い浮かべ、図や絵をうまく描いて、数える。
高校生のほとんどが嫌がる単元だ。「答えが合う気がしない」と。
しかし「数学のかなり奥深く」を聞いてくるのも確かで、だから生徒は嫌がるのだが、
これに熟練すれば「数学力」は確実にアップする。
中2は・・・全員がとっても上達した。
昨日は高校生でも間違える問題を、じっくり考え、工夫し、読み取り、正解してきた。
小学時代は思考力がまだ弱く、悲惨な状況に追い込まれていたモモカだが、
今はもうその面影などどこにもない。
7時半からの授業なのに5時過ぎにはミサヤとケラケラ笑いながらやって来て、
教室の畳の間に陣取り、買ってきたラーメンを調理して食べたり、勉強したりしている。
数学的な文章を正確に読み取り、確実に思考を進めていく。
もう、モモカの数学に勝てるのはよほどの秀才しかいないだろう。
目立たなかったユウイチだが、黒板に書く「解答論文」が素晴らしくなってきた。
過不足なく論証を進め、根拠を見やすくまとめていく。とても中学生にかける解答ではない。
もう間もなく、数学では中学のトップに立つだろう。
口八丁・手八丁なところがあり、「嘘ついても、その場を切り抜ければえらい」と思っていたケイジ。
数学や英語でもいかに「やっているふり」をするかに懸命だったのだが、
世間でも痛い目にあい、「ふり」をあっさり私に見破られ、
「嘘では生きていけない」と、ようやく悟ったようだ。
本気で数学と向き合わねばならなくなり、それを続けるうち、確実に力がついてきた。
あのアキトに確率論の才能があったとは・・・こやつ・・・賢いのかもしれない。
2年生からやってきたサリとマサキの力も、以前とは格段にちがってきた。
ミサヤ・リノ・コウジ・ヨシタカ・アリサ・ヒロシ・・・
どの子も「本物の数学」と出会うことで、一皮も二皮のむけてきた。
どこまで伸びていくのか、これは3年テキストが楽しみだ。

今日から2月。高3は学校の授業がなくなる。モトイは朝8時にやってきた。
国立の前期試験まで、あと25日。現役生はここが勝負だ。
今までも懸命に学んで来た。それをさらにまとめ上げ、精度を増し、8000m級にアタックするのだ。
1分、1秒を惜しんでまとめ上げていく。
モトイ達3年生には「あっという間」の25日かもしれない。
しかしそれを見守らねばならない私には・・・・
山頂でピバークし、じっと夜明けを待つくらい、気の遠くなるような期間だ。
けれど待つしかないので、じっと見守り続けるだけだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR