FC2ブログ

センターテストの重圧

あと1週間。この土・日の2日間がセンターテストだ。
私立大学だけを受験するなら、さほどのプレッシャーはかからない。
私立大学でも「センター入試」があるけれど、たくさんの教科は課さない。
5教科7科目をまんべんなく得点するような子は国立大学へ行ってしまう。
それは私立大もよく知っているから「高得点2教科だけ」なんていうのがほとんどだし、
そもそもほんの少しの人数しか「センター入試」では取らない。
教科数が少ない分かなりの高得点が要求されるし、「合格」だけなら
本来の「3教科入試」がその確率は一番高いだろう。「本番」で合格すればいい。
だいたい私立がセンターテストだけで合格者を決めるのは、少々ずるい。
問題を作らなくていいし、採点もしなくていいし、手間も経費もかからないのに
「入試料」はけっこう高く要求する。「ボロ儲け」だね。
だから私立大学ならセンターは「無視」でいいけど、国立大学なら重圧はものすごい。
センターテストの「素点」は900点満点。
数・国・英がそれぞれ200点、理科・社会がそれぞれ100点。
数学がⅠ・AとⅡ・Bの2教科で、理系なら理科、文系なら社会を2科目とって、
5教科7科目900点満点だ。
センターと2次テストの「配点率」は、大学によって様々。
教育大学や教育学部は8:2ほどで、圧倒的にセンター重視。ほとんどセンターで決まってしまう。
神戸大学あたりだと、だいたい1:1で半々。頑張れば2次で逆転はある。
京大・阪大だと2:8くらいで、これは圧倒的に「2次勝負」だ。
京大工学部だとセンターの国語・英語を4分の1の50点満点に圧縮し、
社会1教科を素点の100点で200点満点。・・・これ、差が出ない。
国・英で9割と8割は、素点だと180と160。2教科だと40点差。
けれどこれが4分の1だから10点差にしかならない。社会はだいたいの子が85点ほどは取る。
だから「出来る子と出来ない子の差」は10点ほどで2次に回る。
2次は英語200点、国語100点、数学と理科がそれぞれ250点で800点満点。
センターでの10点など・・・「差」とは言わない。のだけど!「1点差」が気になるのが受験生心理。
去年の康太は数学と理科で満点だが配点に入らず、英語9割5分、国語8割5分だが差にならず、
全体でぴったり9割も取ったのに社会が76点で「D判定」にされて、少々焦った。
「A判定」と「D判定」の差は10点ほどでも、受験生としては目の色が変わる。
結果としては2次で他を100点ほど引き離して「ぶっちぎり」だったが、
そんなことは事前にわかるはずもない。
圧倒的2次型の京大でもそうなのだから、「半々以上」の大学だと、その重圧は計り知れない。
2次の配点が少なくなる分、センターでの失点は「致命傷」になってしまう。
あまりに差をつけられてしまうと、受験すら出来なくなってしまう。・・・厳しいねえ・・・
コウヘイは気が小さくて「ビビリ」だし、モトイは入れ込み過ぎて「頭に血が上る」ことがある。
そうならないように、そうならないように・・・もう、精神力の戦いだ。
今朝は雨のせいか、どちらも親の車で送ってもらって、早くから教室にやってきた。
「夜は早く寝ろ!」と言ってあるので、ずっと12時近くまでいたのが、今は9時過ぎに帰る。
早く帰っても・・たぶん寝れないし、前日は一睡も出来ないかもしれない。
康太も当日の朝は「原因不明の吐き気」に襲われ、胃薬と風邪薬を飲んで行った。
しかし・・・それが「普通」だ。ぐっすり眠れて、心身ともに「爽快」な方がおかしい。
「そういうものだ」・・・散々言い聞かせて、出来るだけ平穏に日々を送る。
もう勉強してもしなくてもセンターの得点に違いはないはずだが、
気を紛らせるために「同じ日」を繰り返す。
センターが終わっても2次は一ヶ月後。最も「きつい日々」を、生徒達は過ごす。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR