FC2ブログ

年賀状

高校時代に国語の先生から、「年賀状って、近況報告の意味合いが強いよ」と言われ、
その当時は実感もなかったが、今ではとてもよくわかる。
もう何十年も会わない大学時代の仲間が「とりあえず元気だ」・・なんだかほっとする。
「息子が二人とも関東の私立大に行きやがって、我が家は破産だ」
もうすっかり「父ちゃん」で、我々自身にはさほどの変化はない。
激変するのは卒業生やかつての弟子達だ。
キノシタ姉妹が結婚したと思ったら、高浜原発の近くで看護婦として働く卓球の弟子は、
40前にして年下の男につかまり、結婚した。幸せそうな写真の年賀状だ。
おやあ?ユカは去年8月に産んだという娘を抱いている。
どうしてだろう?ウネに子供が出来たと聞くと「なにい~!でかしたあ~!!」
などと喜ぶのに、娘達が結婚したり、子供を産んだりすると、なんだか複雑な思いが・・・
『そうか・・結婚するか・・・』とか、『子供を産んだか・・・』とか、トーンが下がってしまう。
い、いや、喜ばしいのだけど、ウネ達男の子とは違う感じになる。
ユカなんかは、私の中では中学生のままなのかな?
中学生が子供を産むから変な感じがするのかな?もう30歳を越えてるというのにね。
小学4年のカリンからも「卓球、教えてもらってありがとう」の年賀状。
80歳から9歳まで、なんて幅が広いのだろう。
恩師に教えを請い、仲間と遊び、懸命に働き、子育てに追われ、
いつの間にかさらにその子供が現れてくる。
人は、昔からそういうことを繰り返してきたのだろう。
今年の年賀状からは、そういうことが強く感じられた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさしぶりです。

お久しぶりです。
ごう(おやじが卓球してます。)です。
覚えてますか。覚えてないと思いますが・・・
何年か前にシュタイナー教室に遊びに行ったときはもう場所を変えたのかやってませんでした。
たまたま母校(木幡中)を検索したときヒットしましたので。
10年以上前に教えてもらったことをよく覚えてます。
あのときはあまり理解できませんでしたが、常に考えることを実践してます。考えることが、時につらくしんどくなりますが、言われていたことがよく解る年になってきました。
なかなか人に伝えるのは難しいですが・・そのことを子供に伝えている河原先生はすごいなあと思います。僕も自分のこともそうですが、部下に対して『教える』『伝える』ことを実践を通して学んでいきたいと思います。
また酒でも持っていきます。
といっても場所がわかればですが。。。
ではでは。

Re: ひさしぶりです。

よく覚えてますよ、ゴウのことは。ユカと同じ10期生だよ。
数学しか出来なくて大変だったけど、うまく大学へ入ったよなあ。
まだ白浜あたりの道路管理をしているのかい?
教室はたぶん、ゴウの実家に近くなったよ。
父ちゃんの車の駐車場で、時々父ちゃんと会うもの。
どうしているのか、また、色々と聞かせておくれ。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR