FC2ブログ

いっぱい、いる~~!

ヨシタカの弟も来年小6らしい。何?お前達、年子だったのか?
私が忘れていただけで、弟・妹だけで3人になった。
体力的なことを考えると小学生はやりたくないけれど、やるとなると、やることは多い。
まずは単純に四則演算。特に小数や分数の演算をしっかりさせておきたい。
教科書ではまったく期待できない。量そのものが少ないし、繰り返しの練習もない。
立体の絵も描かせておきたい。ただの「直方体」の図でも、描けないものねえ。
そして「単位当たり量」の考え方をしみ込ませておく。
それが出来れば「速さ」も「割合」も、中学でそれほど困らない。
そして一番大切なのは、それらを学ぶことで「学びとの向き合い方」を躾けておくことだ。
今の中1も大半が小6から来てくれていて、そのあたりがずいぶん助かったし、
今の小6も「方向性」はとても良くなってきている。
後のことを考えるととても助かるのだけど、やっぱ疲れるよねえ・・・

いるのは来年の小6だけじゃない。なぜか来年高1になる兄や姉もいる。
どうして?どうして満員のクラスにばかり集中するのだろう?
確かに中3以上で生徒を取れるのは、事実上高1の入学時だけだ。
「中3と高3の受験前だけ、ちょっと塾にでも・・・」
それはそれでいいと思う。
受験前に志望校の過去問や類題をたくさん用意してもらってどんどんやる。
受験での点数は確実に上がるだろう。うちだってそういうことはやっている。
しかし「そこだけ」なら、よその塾でやってもらいたい。
「そこを受験するなら、これくらいの問題は解けるようになれ」
と短期間でやろうとするのだが、はたしてそれは「教育」なのだろうか?
私はそれ以前に、どこでも受けられるように生徒を「育てておく」ことを考えている。
こざかしい「傾向と対策」などではなく、「学びという木」を大きく育てておきたい。
誰にでもそうできるわけではない。しかしその方向性を貫きたい。

高1でやることは、項目としては、さほど多くもない。
ざっといえば2次関数と三角比と確率論でおしまいだ。
数Ⅱの出だしは数式の触り方と実数論のまとめ。何とも地味なものだ。
しかしそこでこそ「数学らしさ」が学べるのだ。
数字そのものにどういう性質があるのか。なぜ数式をそのようにまとめなくてはならないのか。
どのように場合分けをし、なぜそうするのか・・・・・
中1から高1にかけて、最も「数学らしさ」と「数学じゃないもの」を学ぶ、
最後のまとめであり、ここでしか学べないものは多い。
そしてそれは、高2に上がる前の2月には終わってしまう。
指数・対数、三角関数、微分・積分など、見た目は派手だが、
私に言わせれば「基礎論」の確認作業にすぎない。
だからそこを確認出来ないで高2から取るのは嫌なのだ。
中3でもそうだが、「その子のことをわかっている」から「この問題」をぶつけられる。
「この問題を解け」ではなく、「この問題が解けるようにするにはどうしよう」と考えるのだ。
問題を解いてみればそれがわかる。
数字を移項する「その瞬間」、場合分けしようとする「その瞬間」、そこに難しさがある。
問題そのものの難易度ではなく、数字や式をさわる難しさだ。
「あ!この瞬間・・・これはあいつには出来るけど、こいつには難しい。どうしよう?」
そういうことはその子を知っているから出来るわけで、知りもしないで、
「解けるようになれ。はいテスト、テスト」
なんて、私には出来ない。
確かにうちの生徒は圧倒的に数学の出来る子が多くなる。
それは点数を追いかけるわけではなくて、考え方や学びそのものを求めるからだ。
それには基礎論や方向性を抜きにしては到底できない。

だから高校生は高1しかとらないのだけど、兄や姉かあ・・・どうしよう?
全員上がって来ちゃうと満員だしなあ・・・あ、頭の痛い問題である。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR