FC2ブログ

美しい数学

高2の子がいくら出来ると言っても、その知識はまだバラバラなままだ。
単元ごとに「全然違うもの」を学んでいるように感じている。
それではまだ一般教養としての数学にも足りない。大半の子はそこまでで卒業して行くけども。
そうはさせない。パーツを組み合わせる練習をさせて、それらが「一つのもの」だとわからせていく。
一つにつながって行くとようやく「数学らしさ」も見えてくるし、その「美しさ」も見える。
そこまで行けば問題に「ごまかされる」ことがなくなってくる。変な問われ方をしても、
「なんだ?数学らしくないぞ。どういうことなんだ?」
と、問われていることを整理して、その真意を見つけやすくなるからだ。
大学入試で「難問」とされるもののほとんどは、その真意を見つけるのが難しいだけで、
技術的に難しいというものは特にない。
では、高2を、どうやってそのレベルまで引き上げるのだろうか?
もちろん基礎・基本の理解を深め、練習する以外に手はないのだけど、
数学以外の教科でもそういう「姿勢」で臨むことが近道になる。要は「意識」の問題だ。
その意識や姿勢を創り上げて行くのが・・・大変ですよ。長い時間がかかる。
半年や1年で「やってくれ」と言う人がいるが、私には出来ない。
高2のクラスも長い時間をかけて、ようやくその入り口にたどりついたところだ。
「ダイスケ、カンタロー、そこはそうじゃなくて、こうだろ?!」
「マスミ、サチエ、それは整数方程式に変換して考えればいい」
今までは出来なかった総合的な触り方を指示し、その美しさを共に見つめて行く。
メイミやトモトの復習が甘ければ、情け容赦なく右フックでマットに沈める。
もうガキの年齢じゃない。そうやって大人になって行ってもらう。
あと1年しか私は横にはいてやれないのだ。なんとしても、自分の足で歩くことを覚えてもらう。
これからの授業は、そういうものばかりだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> 自分が高校生の時、数学を教えてもらってたおねえさんが、 どんなに問題をがんばって解いてもこてんぱんにやられ、少しさぼればみやぶられ、すきなくつっこまれ…
> 悔しくてくやしくて…なんとかお姉さんをギャフンといわしたい一心で勉強したものです…

いやあ~「頭なでなで」でうまく行けば、それに越したことはないんですけどね、
それがなかなか・・・・・
いつまでこんなに激しいことが出来るかわかりませんが、とりあえずもう少し続けますよ。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR