FC2ブログ

半ドンの復活

大阪が小学校の土曜日・午前中授業を復活させる。大賛成だ。それを私は最初から言っている。
「欧米並みに週休2日にして、土・日は家族で出かけて、ゆとりを持ってお金を使いましょう」
と「ゆとり教育」でやったわけだが、バブル期でも相当の金持ちかバカしか金は使えなかったし、
学校も民間企業もどんどん「ゆとり」をなくしていった。
「欧米並みに」って、今のヨーロッパはどうなってしまってる?すべて「経済破綻」だ。
ま、土曜の4時限授業がどれほど「ゆとりが持てたか」を思い知ることにはなった。
土曜半ドンをやれば平日の授業にゆとりが持てる。
7時限・8時限なんてやらなくていいし、2日くらいなら5時限で終われるかもしれない。
すると、生徒はクラブをしっかり出来るんですよ。学校行事もゆとりを持って企画できる。
我々庶民には毎週土・日に出かけて行く暇も金もないし、土曜の午前中授業をしてくれて、
午後からはクラブで面倒見てくれたら、家庭の母ちゃんは大助かりだ。
土曜の家に、父ちゃんや子供がゴロゴロしてたって、うっとおしいだけでしょ?
「日本人は働き過ぎ」とは、確かに昔から言われているけれど、私だって土・日も働いてるけれど、
「することがない」よりは、よっぽどましだと思っている。
犯罪を犯す奴って、たいていは「することがなくて、暇な奴」でしょ?
ハチやアリみたいに働いていれば、悪いことをする暇もないわ。私なんかそれで救われている。
「“もったいない”は“貧乏くさい”」とバブル期には言われたけれど、
うちの教室では黒板もクリーナーも27年間捨てたことがないし、ミスコピーの裏は計算用紙だ。
昔は新聞のチラシも、裏に字が書ければ使ったけれど、今はチラシを見ることがなくなった。
OPS細胞の研究だって、資金がなくなって「その研究は続けられないから、資料は捨てといて」
と言ったのだが、助手の高橋が「捨てるのなら、もったいないから、何か使えるものは・・・?」
と見直したところから発明のきっかけがつかめたのだという。
今の日本やヨーロッパを立て直すのは「内需拡大」や「需要」ではなく、
「もったいない精神」かもしれない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR