FC2ブログ

特別な高3の授業

今週から高2が高3単元に入った。昨日は「センター数学」の初授業。
初日は「整式の扱いについて」で、高1や高2の最初にやったものだ。
センター数学は「復習の授業」だから、技術的な説明はほとんどしない。それはもう済んでいる。
だから今度は「なぜそう整理したのか、そう扱わねばならないのか」という「数学らしさ」
「数学の文法について」の説明しかしない。
ただの「因数分解」なのに、リョウとクニカズが山感で済ませている。
「どうやって、そう変形出来た?」意地悪に聞いてやる。・・・・・答えられない。
答えられるわけがない、「ただ、3を入れたらうまくいった」だけだから。
大学入試の本番なら、最後の手段として「それもあり」だが、今の段階ではそれは許さない。
「数学の文法」をなぞれないからだ。「数学らしさ」がわからないからだ。
高校のテストと大学入試では、明らかにその性質が違う。
極めて大ざっぱに言えば、高校までのテストは「今までの授業で公式は覚えましたか?」
というもので、覚えたものを吐き出す作業だ。
「だからそんなものは・・・」と、世間が揶揄するほど「しょうもないもの」ではない。
どの教科であれ、それで初めて「教科の入り口」に到達するものだからだ。
高校までの責任はそこまででいいのであり、「大学へ入ること」は、本当には高校の責任ではない。
ただ、大学入試はそれだけでは解けないようにできている。
問われることや数式が、そのままでは見たことも聞いたこともないものだ。
だからその意味をとらえ、文章を「翻訳」し、数式を「変形」して、
「見たことのあるもの」にしなくてはならない。
その「翻訳」と「変形」こそが「数学力」であり、それは「公式」だけではうまくいかない。
公式の奥に隠れた「数学らしさ」「数学の文法」を使わないと、それはうまく出来ない。
だから「公式は全部、完璧に覚えた」とはいえ、入試本番で「1行も書けない」ことも起こる。
前回の京大数学の6問の全部がそうで、受験生のほとんどが苦しめられた。
本来、「公式」は教えることが出来るが、「数学力」は教えることが出来ない。
日々の積み重ねの中で自分でつかみ取るものであり、そうすることしかできないものだ。
それを世間は勘違いしている。
世の中には「教えることのできない力」はあふれているのに、そのことを人々は感じているはずなのに、
コンピュータやコンビニのように「システム化して、うまく“教え”られるのではないか」と言う。
教えることは出来ない。やはり自分でつかみ取らなくてはならない。
教えられないけれど・・・そちらの方へ「導く」ことは、出来る。
リョウやクニカズに「やり直せ!」と、怒鳴ってやることは出来る。
マスミやメイミに「お前は幼稚園児か!」と、いじめてやることもできる。
悔しいが、そういう「数学力」を、比較的早く獲得する「賢い奴」は稀にいる。
しかし私やこの子達のような、圧倒的に多くの「凡人」には、すぐには出来ない。
すぐには出来ないけれど、諦めるのは悔しいじゃないか。だから・・・「練習」する。
賢さで劣るなら、その分、少しだけ多く練習しよう。鍛えなくてはならない。
「なんじゃ、それは!やり直せ!」 そういうことが増えるのが、うちの高3だ。
だからと言って、だからこそ、「そこだけ入れて」はごめんだ。
その入り口に立つまでにこの子達は、すでに散々「どアホウ!」と、私に怒鳴られてきたのだ。
そうやって鍛えてきた子しか高3では、私は見たくない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR