FC2ブログ

1番でなきゃダメなんですか?

ユニクロの社長がテレビに出ていた。ユニクロなら私でも知ってるぞ。
フリース・・今はヒートテックというのかな?安くて冬暖かな服を売ってるとこでしょ?
そんな安い服を売ってるのに、年間売り上げが1兆円に迫っているという。
そ、そりゃすごい。いったいどれほどの数の服を売るとそうなるのだろう?
社長は話もはきはきとして、バイタリティーにあふれた人だ。
「今の生産工場の拠点は中国ですが、中国もじわじわと人件費が上がりつつある。
 近い将来にはベトナム・カンボジア・ミャンマーなどにも工場を作り、値段を安く抑え、
 店舗数は世界に5000店を目指し、業界1位の売り上げにします」
司会が女性議員と同じ発言をした。
「1位でないとダメなんですか?2位ではいけないんですか?」
私もそう思った。コンピュータの演算速度なら世界1位でないと評価されないけれど、
服の売り上げは・・・2位でも3位でも関係ないのでは・・・?社長はきっぱりという。
「ダメなんです。現実に世界1位にならないと、服は売れなくなるんです。
 戦略をしっかりと練って、店舗数も売り上げもどんどん伸ばし、“日本はすごい”
 “ユニクロはすごい”と世界に思わせないと生き残れません。
 それをやらないと潰れていったメーカーと同じ道をたどることになる。それが現実です」
そうなんだ!知らなかったなあ。
「社長は自ら働くことで、日本をたち直させることも、お考えとか・・・」
「頑張ろうと言いたい。しばらく世間に流れていた雰囲気・・・・
 “頑張らなくていいよ”“勉強しなくていいよ”“働かなくていいよ”“創造しなくていいよ”
 そういうのでは、その国が衰退し滅びてしまうのは必須でしょう。
 日本は頑張って働かなくてはなりません」
迫力にあふれている。こういうことをテレビで言うのははばかれる時期があったけど、
これも時代の流れだろうか。しかし私は基本的にうなずく。
昨日ポストに入っていた家庭教師のチラシ。
「たった10分で予習・復習のコツがわかる」
「テストに出る問題は同じパターン。それがわかればテストは楽勝」
もういい加減、そういうのはやめにしようぜ!10分だの1分だの、コツだとかパターンだとか。
そういうことばっかりやってて、日本の教育はこうなってしまったんだぜ。
いい加減「額に汗をして学ぶ」ことを思い出さないといけない。
そのことについては明日の話題にしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR