FC2ブログ

入試改革

京都大学は「入試の在り方」を検討中だという。
今の入試では「願うような人材」が思うように集まっていないからのようだ。
どういう人材を求めているのだろう?入学式で総長が言っていた
「専門以外にも広く知識を求め、日本のリーダーたる」人材だろうか?
資金不足で研究を断念しかけていた山中教授に研究所と資金を与え、
ノーベル賞まで取らせた京都大学の「先見性」は素晴らしいが、
山中教授は神戸大学の出身であり、それも「悔しい」のだろうか?
「あれだけ優秀な男を、なんでうちの大学は入学させられなかったんだ~!」なんて・・・
そりゃ仕方ない。京大医学部の合格得点は異常な高さだから、来たくても来られなかったんだろう。
その「異常さ」は、私も今年初めてわかった。
京大物理工学をトップクラスで合格するような生徒は、阪大や神戸大の医学部でも合格する。
康太がすべて「A判定」だったが、そんな康太の今回の得点を医学部換算すると・・・
ピッタシと「ボーダーライン」だった。ビリで合格できたかどうか、というところだ。
だから京大は「そういうのが嫌」と言っているのだろう。
医学部の理科は物理・化学・生物の3教科を「必須」としていたのを廃止する動きがある。
「点取り合戦」を強化してしまうだけで、「賢い」生徒が合格できなくなるからだ。
「もっと面接を詳しくやってはどうか?」
そりゃあいいことだけど、1万人からが受験するんですよ。どうやって面接する?
確かに工学部でも「半数は優秀だけど、残り半数は点取りのことしか話せないアホ」なのだが、
それは仕方ないんだろうね。実際に得点で区切っちゃうわけだから。
「その教科の中に何を学ぶのか」という「教育の本来」は得点で表すことが出来ない。
教育者ならだれでも知っていることだけど、だからと言って数学や物理を何も知らず、
大学の工学部に来られたって何にも出来ない。
それはこの10年ほどの「AO入試(面接のみ)」や、得意技だけの「一芸入試」でわかった。
入学後「まったく」と言っていいほど勉強しないし、卒業もしないことがわかってしまった。
「じゃあ・・どうすれば・・・・・」
このままの入試でいいんじゃあないかな。
京大や東大なんて、毎年どれほどの高校生があこがれることだろう?
あこがれて、あこがれて、勉強して勉強して・・・ようやく入学する子たちばかりだ。
それでも「人材が足りない」というのは・・・・
そもそも今の日本に「人材」はそれほどいないんじゃあないかな?今だけじゃなく、昔も。
入試の形態がどうであれ、優秀な奴は優秀なのだから、入試を変えても同じような気もする。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR