FC2ブログ

うちの家やねん!

昨日の午前中は定期健診。ゴーヤのおかげでまだ血糖値は安定している。
お昼前に教室へ帰ってくると、下駄箱の上に布袋が置いてある。高1ミオのだ。
午前中の試験を終えて直接教室へ帰ってくるため、朝早くに母が持ってくる。
今朝はお父さんが持ってきて、これで3日連続。中身は着替えと昼の弁当だろう。
家が二尾の山奥のため教室の方が近いのだ。
夜までここで試験勉強して、勤め帰りの親の車に拾ってもらって、ようやく家に帰る。
東宇治高校も試験中で、真っ先に現れたのがレオ。隅っこの「定位置」に座る。
そこには「一切合財の問題集」が置かれていて、家には一冊もないのだろう。
すぐにミヤビもやって来て、コンビニへ弁当を買いに行く。
ミヤビも炭山の山奥なので、やはり夜に親の車に拾ってもらう。
ミオが帰ってくる前に同級生のミユがやって来た。一度家に帰ったようで、ジャージに着替えている。
「こんにちわあ~」と言いながら、職員室奥の畳の間に突き進んでいく。
私の昼寝用にと作った三畳の畳の間だが、高1女子どもに占拠されて入るすきがない。
ミオとアヤカもやって来て加わり、弁当を食べたり、おしゃべりしたりしている。
「数Ⅱの最後の問題、わかった?」「あ、あれは簡単、こうやで」情報交換も・・・
二階の理科教室はモトイが「私室」にし、真中の部屋は高3ミオが陣取り、英語の部屋には誰がいるのかな?
フリースペースも主に高2の連中が詰めかけて、もう座る場所もない。
ミユが備品の「パンチ」でたくさん穴あけして、ノート作りに励んでいる。
「ミユ・・・自分の家みたいに、何でも使こうてんなあ・・・」
「そうやねん、ここは私の家やねん。家出したら、ここに来るねん!」
高校からは塾へは行きたがらず、母や妹のサリに勧められて、しぶしぶのぞきに来たのに・・・
まあ、調理機材・冷蔵庫・電子レンジはあるから、とりあえずは住めるけど、風呂はないぜ。
お金がなかったこともあるけど、まさかこれほど生徒が陣取るとは思ってなかったから、
「そこまではいらないだろう」と風呂は作らなかった。今からシャワー室くらい作ろうか?
「家出したら、ここに来るねん」
ま、高校生くらいなら腹が減れば帰るだろうから、気が落ち着くまでいればいいけれど、
最近一人の母親が「24時間自由に使える教室」と知って、同じことを言った。
う~む・・・母ちゃんまで家出してやって来たら、どうすればいいのだろう?
まったくの「想定外」である。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR