FC2ブログ

ビバ、ノーベル・プライズ!

今日の京都大学はお祭り騒ぎだろうねえ。
夕方6時半すぎ、ニュースキャスターが「今入ったニュースです」と言うのとテロップが同時だった。
「京都大学・山中教授がノーベル医学賞を受賞することが決定しました」
いやあ、すごい!同じ大学だから康太も興奮している。それからはニュース番組ばかりを見た。
構内で学生がインタビューされてると「あ!図書館の前やで」
うろついていた康太の同級生も「インタビュー受けたで!」とメールが来たが、彼は映らなかった。
色々とニュースを見ていると、山中さんという人物がずいぶんわかって来た。
神戸大学の医学部出身なんだ。
「相撲やラグビーばかりして授業に出ないので“医学部じゃなくて、ラグビー部”と言われました」
卒業して整形外科医となるも、手術は下手で「お前は邪魔、ジャマ中!(山中)」
外科医をあきらめ基礎研究に進み、阪大・大阪市立大・奈良の研究所・京都大へとやって来た。
その間にはアメリカへ留学もしている。ものすごい経歴なのに、いたって謙虚だ。
アメリカには山中さんから見ても「神様」みたいな研究者がゴロゴロいるのに、
「私なんかがもらって、いいのでしょうか?」
アメリカでスピーチするときには必ず「笑い」を取るように気を配ったそうだ。
「それがよかったのかも。アメリカ人と大阪人は似ています」
「儲けないために」特許を取っているからいつもお金がなく、テレビで
「どうか皆さん、研究費を助けてください」と言い、昨日のインタビューでも
「国や皆さんに助けていただいてここまで来ました。私ひとりでは受賞できませんでした」
威張るところなどどこにもない50歳。
研究を面白がる「子供」であり、没頭する「万年青年」であり、優しい「下町のおっちゃん」なのだろう。
知れば知るほど心温まり、拍手を贈りたくなった。
ノーベル賞受賞、本当におめでとうございます!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR