FC2ブログ

中間テスト

昨日の夜、真子がぼそりと言う。「来週から中間テストや」「・・・な、何い~!」
しまった、もうその時期だということをすっかり忘れてた。たいていは去年の手帳で確認するんだけど。
去年は4日から東宇治高校が中間テスト。げ!今年もそうだと、もう直前じゃないか。
莵道高校が11日からで、京教高校と木幡中・東宇治中が18日あたりからだった。
そうか・・・高校は3週間にまたがったから休みなしにしたんだ。
だから今年もクニカズやミヤビは何も言わなかったんだな・・・・
どの塾も試験期間ほど忙しい。
駅前の進学塾なんか「3日間○万円」とかで、塾生以外にも「試験対策」をやるもの。
試験対策って、何やるの?
「バブル期」の頃は中学のテキストが10年ほど変わらないこともあって、
木幡の個人塾は「2学期・中間テスト」を10年分ストックしており、
試験直前にそれをすべてやらせていた。
それだけやると「試験は同じ問題ばかりだった」と、生徒から聞いたことがある。
「そうやって90、100点を、4を5を取らせて、生徒に自信をつけさせるのだ」
塾長はチラシにもそう豪語してたっけ。
・・・何の・・・どういう自信なんだろうね、それって。
その塾長はやがて酒を飲んで授業をするようになり、潰れてしまったけれど、
今の進学塾も、結局やってることは似たようなことなんだろうな。
康太や真子の同級生もたくさん「対策」に行ってたけれど、賢くなった子は・・いないね。
うちの教室は逆で、試験期間中の授業は休みだ。対策など何もしない。
「学校のテスト?自分でやるものですよ。自分で頑張んな」そう言って放りだす。
仮に、社会なんかで0点となって1をくらおうが「バカだねえ」でおしまい。
中学の社会なんて暗記だから、自分でやらないとどうしようもない。
早いとこ1でもくらって「愕然」とさせた方が、長期的にはいい薬だ。
そうやって放っておくと、数学や英語で「そう躾けている」と言うこともあって、
自分でやるようになりますよ。自宅で、あるいは教室にもやって来て。
高校生で満員のフリースペースのわずかな隙間に割り込んで、黙々と手を動かしている。
それこそが自分の「学びのスタイル」であり、私はそれを創らせようと願っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR