FC2ブログ

予習と体力の関係

私は予習なしで授業が出来ない。
いや、そういう状況になったら出来るかもしれないが、27年間そういうことが一度もない。
予習で準備していても授業中に不備に気がついたりすると、私はためらう。
たぶん生徒は気がつかないだろうが、私自身はその授業に満足できないのだ。
27年も同じことを教えてるのに?
そりゃあ教えるテーマは同じだけど、それによって「生徒を賢くするルート」は様々にある。
私が入念に準備するのは、その「ルート選び」だ。
どのようにそのテーマに入らせるのか。どのような例題で納得させ、どういう順路を進ませるのか。
2時間の授業でも、その準備には何倍もの時間がかかる。今でもだ。
だから今週のように朝から夕方まで授業があると、大変だ。
だから授業しながら、生徒が黒板で問題を解いているときに、
その様子を見ながら、明日の「順路」をノートに書きだしておく。
「ふむふむ・・・カイはこうだけど、サキコとミオはこうで、ミユはああだから・・・
 明日はこの問題を見せてからこれを解かせて、それからこれをすることにしよう・・・」
それで一気に予習が進むのだけど・・・それは体力・気力が安定していれば、だ。
疲れていると頭も回らず、ひらめきもない。寝不足が一番ダメだ。
やはり夏は夜9時には寝なくてはならない。

炭山からタクトが出てきた。
木幡ー炭山間の道路は400mほど「道の上に山」が出来てしまい、
復旧するより新しい道を作った方が早いかも知れない。
辛うじて志津川への道が「軽自動車1台分」通れるほどに開通したらしく、そこを通って出てきたらしい。
電気も水道もガスも止まってしまい、ドコモが「元を止めた」らしく、携帯もつながらない。
自衛隊が「おにぎり」を配給してくれたが、食べた人は「食あたり」になって病院へ。
タクト一家はおにぎりを人に譲って食べなかったため、逆に難を逃れた。
ミヤビは・・・・食べてしまって入院したらしい。
災難は、さらなる災難を呼ぶようだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR