FC2ブログ

記述力

昨日のお昼に女房を教室に呼び、発表物のまとめを手伝わせる。
表書きと授業内容で合計4枚。女房が4枚まとめると、私がホッチキスで閉じる。
一人でやるとすごく時間がかかるけど、2人だと速い、速い。
あっという間に110部の完成♪やあ~、ほっこりしたあ~~!
すっかり気の緩んだところへ、マチャミちゃんから電話。教室で教育相談のようだぞ。
たっぷり2時間半「子育ては難しいなあ」と話しあう。
思春期の子供ばかり、ざっと300人は育ててきた私のキャリアが参考になったようだ。

夜は最年長・高3の子育て。
来年けっこうな人数が受けそうな京都府立大の入試問題研究。
大問4問で、完全記述。解答のまとめ方も練習させなければならない。
たぶん語学力の低下が影響しているとみているのだが、数学の記述も下手なんですよ~。
タカシが行列の問題を解いてきた。ふむふむ、解き方は下手だが、うまくまとめて見やすい。
まずまずである。
続いてシュウジがベクトルの問題を、マミが行列の問題を解いてきた。
どれどれシュウジは・・・何を書いているのかよくわからない。答えだけは出ている。
マミは・・・証明問題なのに途中式を省略してやがる。
「お前らなあ・・・採点者の機嫌が悪かったら、途中で採点をやめてしまうぞ。
 いくら答えだけを書いても0点にされてしまう。見やすく、きちんと論点を書くこと!」
でも、今時たいていの高校生がまともに解答をかけない。
何やら計算“らしきもの”があって、いきなり答えになっているというシュウジみたいなのが普通だ。
それは毎年頭が痛い。
私の手書きの解答をコピーし、全員に渡して模範にしているが(なってるのかな?)
高3はもう少し早くから紙に解答を書かせる練習をさせた方がいいかもしれない。
中にはきれいな解答を書く奴もいる。タイチなんかがそうだ。
論旨をきちんと書き、なぜそうなるのかを丁寧にまとめられる。
それで4問全部解答を書けば素晴らしい100点になるのだが、
タイチの場合、解ける問題数がまだ少ないから、それはそれで頭が痛い。
徐々に2次問題に慣れさせてゆき、解ける問題数を増やし、解答のまとめ方も練習させる。
けっこうギリギリまでかかってしまうのだが、それも毎年の子育てである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR