FC2ブログ

出る難しさ

立命館中学2年の女の子が両親と共にやって来た。高校からは立命を出たいと言う。
・・・なんとまあ、贅沢な・・・
「けれど、高校から公立高校へ行くとしても、大学で立命館へ行ける保証はないですよ」
そう、それが難しい。金は高いけれど、通い続ければ立命館大学へは行ける。
最近「私立を出たい」という相談が相次いでいる。それが「女子学園」だと、まだわかる。
その先にある女子大学には「理科系」がほとんどないからだ。
「理科系へ進みたい」から出たいと言うのだ。しかし・・・それも難しい・・・
最近では大学を持つ私立でも「国立大学へ行けるコース」を作っているが、私は信用しない。
だって、私立ですよ。塾と同じ「民間企業」ですよ。生徒をよそへ出しますか?
「よその塾へ行け!」と怒鳴る塾長は、私だけだろう。
私立でも同じことだ。よその大学へ行かせるために育てるとは、とても思われない。
だって、この30年間、さんざん見てきたもの。
受験期が迫るほどに生徒の学力を落としていく私立の姿を。よそを受けても受からないようにね。
最近でもよく見ますよ。
私立中学へ合格した時には70近くあった偏差値が、中3で50になっている子を。
そうなると外部受験をしても「並みの公立Ⅰ類」がギリギリになる。
辛い「現実」に直面することになる。現に今、私の前にそういう子が3人もいる。
やって来た中2の娘も・・・私は引き受けるのに気が進まない。
立命館なら大学に理系もあるし、それでも嫌なら、よそへ行っても「ここも嫌」と言わないだろうか?
私の教育観は「大学へ入れること」でもないし、「合格させます」と言う塾へ行ってもらった方が気楽だ。
私立中学へ行ったのなら、そのまま大学まで行き続ければいいのに。
はあ~、なんだか気が重いこのごろではある。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR